« テントコットは物好きのかほり | トップページ | たこみりんは眠らない »

2005年9月28日 (水)

コールマンテントは日本の縮図

テントついでに雑感。

一度でも山岳キャンプ場ではないファミリー系のキャンプ場に行ったことのある方は気付かれたかもしれないが、建っているテントを見るとなんだかみんな似たようなデザインカラーではなかっただろうか。そう、どれもこれもコールマンテントばっかり・・・寡占市場の様相だ。ごく希にモンベルやLL Bean、小川テントあたりを使っている方々を見ると通だなぁと思うがほんとに少数派。総じてコールマンテントの使用比率は恐らくファミリーキャンパー全体の半数以上はありそう。ちょっと異常に思うのは私だけだろうか。 なぜに皆コールマンテントを選ぶのだろう。

Colemanは言わずとしれたアメリカでの老舗のアウトドアグッズメーカーである。かくいう私も過去ここのテントを使っていたし、いまでもガソリンストーブ(コンロ)やガソリンランタンは現役だ。コールマンのキャンプグッズラインナップはTENT多岐に渡り、このブランドだけであらかたの道具は揃えられる。一般にブランドキャンプグッズは市場規模の関係なのかけっこういいお値段がするものだが所有感を満たしてくれる値段付けであり、ブランドイメージによって価格は昇華される。

しかし日本で流通しているコールマンテントなどはコールマンの日本法人コールマンジャパンの企画商品であって厳密な意味での本家製とは異なる。製造も中国、ベトナムなどであり製品は安価にホームセンター等で入手できる。これらはコールマンブランドではあるがモノホンのコールマンなのかなという疑問符も付く。だけど日本人のブランド意識と中流意識のうまいところを突いているんですなぁこれが。

決してディスカウント品ではないと意識できるブランドイメージにして意外にリーズナブルなお値段。よく見かける皆と同じものを選んでおけば間違いないという無難性と安心感。敷居の高そうな山岳用品店でなくディスカウント店やホームセンターで気軽に目にすることができる。この辺にファミリーキャンパーはくらくらと来てしまうんでしょうな。

けっしてコールマンテントが悪いと言っているわけではない.。コールマンジャパンのマーケッティングもうまいしコストパーフォーマンスも優れているのは認める。アウトドアに映えるデザインも秀逸だ。でもね、あれだけキャンプ場にあふれているのを見ると、日本社会の縮図を見ているような気がしてならない。余計なお世話かもしれないが、遊びの世界までも皆と同じく右にならえをしなくてもと思うのだが・・・ってやっぱり余計なお世話ですね。

« テントコットは物好きのかほり | トップページ | たこみりんは眠らない »

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

まったく仰る通りですね。
我が家も10年選手のコールマンドームを使ってますが、手に入れた当時はそこそこのお値段だったような気がします。スポーツ用品の専門店でないと買えなかったんですよね。なんとなく本格的なブランドという感じもして所有する喜びもありましたしね。
その後、後続モデルがどんどん安くなって行くのを見て、更にちょっと悲しい気分でした。しかもディスカウント店で山積されてましたし。よく見ると造りも良くないし。。。

雨漏りもするので、そろそろ買い換えようかな。

そうなんです。コールマンジャパンの最近のテントはちょっと買う気が起きにくいですね。ポールも樹脂製だし作りが荒そう。まぁ値段相応ってとこでしょうか。
先週道志の森へ行って来ました。夜はだいぶ冷え込みましたよ。キャンプにはいい季節になってきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/6162409

この記事へのトラックバック一覧です: コールマンテントは日本の縮図:

« テントコットは物好きのかほり | トップページ | たこみりんは眠らない »