« 丸太小屋はげーじつだ | トップページ | LEDは球数で勝負 »

2005年10月13日 (木)

花見とキャンプの妖しい関係

日本人に於けるアウトドアのルーツは「花見」だと思う。これは私の持論だ。
HANAMI花見の季節、桜の下には車座になった人だかりができる。この季節、外で飲む酒はなかな かうまいものだ。話に盛り上がり大声で語り合う。およそスマートとは言い難いがそれはそれで楽しい年中行事だ。ところで10年程前、RV車ブームから起因したアウトドアブームが始まった。せっかく買った大きなRV車の利用法としてオートキャンプがもてはやされることとなった時期をご記憶だろう。山を切り開き畑を埋めて雨後の竹の子のようにオートキャンプ場が乱立し、アウトドアグッズを買い求めたファミリーがどっと押し寄せた。家にいる快適さをグッズを使ってアウトドアに持ち込むのが日本的オートキャンプのスタイル。思い返せばかく言う我が家もとっかかりは似たようなものだったなぁ。でもね、やはりスマートではないんですな。
狭い区画サイトにグッズを並べ、一泊二日で忙しく立ち回って帰っていく。オートキャンプも花見の延長線上にあるならうなずける。皆さん実に手際よいのだ。中には不要グッズを粗大ゴミよろしく置いていく輩もいたりで花見並みのマナーとモラルを嘆くキャンプ場の親父から話も聞いた。
だがここへ来てそのオートキャンプブームも去ったようだ。乱立したキャンプ場は廃止になるところもちらほら目に付く。アルペンやビクトリアなど量販店のアウトドアコーナーは軒並み縮小された。ほんとに好きな人が残ったのが現状かもしれない。キャンプ場にとっては冬の時代かもしれないが私などにとっては大歓迎だ。花見スタイルだっていい。物量でキャンプサイトを埋めるのもいい。ゆったりとキャンプを満喫しようではないか。カップルで始めてファミリーになって、子供が大きくなったらソロになったりカップルに戻ったり・・・世代を越えて楽しめるのがキャンプの醍醐味だ。私の当座の目標は子供のファミリーキャンプ卒業に伴いソロになってしまった現状を、なんとかカップルに引き上げること。
か~ちゃん、一緒に行こうよぅ・・・

« 丸太小屋はげーじつだ | トップページ | LEDは球数で勝負 »

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

う~む。。。
我が家はソロにもなれない。だから次のステージの
カップルにも昇格できない。
仕方ないから合コンでも。。。これは御法度か。

いえいえ旦那、現地でガールハント(死語)っていう手もありますぜ。これも立派なハンティング・・・にはなりまへんな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/6384770

この記事へのトラックバック一覧です: 花見とキャンプの妖しい関係:

« 丸太小屋はげーじつだ | トップページ | LEDは球数で勝負 »