« 懐中電灯はひかりもの 其の壱 | トップページ | 鴨さん、待っててね »

2005年10月16日 (日)

懐中電灯はひかりもの 其の弐

さらにLEDネタ。
アウトドアに趣味の場を求める人たちは、けっこう道具に対する思い入れを持っている人がいると思う。この種の道具はツールとしての実用性だけでなくブランド、デザイン、機能性、 Flash-1特殊性、金額などの各側面から所有感を満たしてくれるという楽しみもある。左の画像は現存する懐中電灯のコレクションだ。頂戴したものもいくつかある。LED球を使うモデルがほとんどだが、ミニマグライトAA(単三2本使用)のようにムギ球を使う電灯も独特の味わいがあって捨てがたく感じている。高輝度LEDを使った懐中電灯は乾電池2本の3Vでは3.6V定格のLEDに対して電圧が不足で最低でも電池3本(4.5V)を必要とする。シンプルイズベストを地でいく世紀の傑作ミニマグのLED版がマグインスツルメント社から出てこないのもその辺のところが影響しているのかもしれない。DC-DCコンバーターを使用した改造キットも市販されているがミニマグをもう一本買っておつりが来るくらい高価だ。やはりミニマグはオリジナルの状態で使うのがベストなのかもしれない。
しかしLED懐中電灯も最近は輝度は上がって値段は下がりとてもポピュラーになってきた。車のルームランプに使った半減角60度よりもっとシャープな15度以下の高輝度LEDを使うと、レーザービームのようにシャープな光源を持つ懐中電灯を作ることができるし、白熱球に比べて電池の持ちも飛躍的に長くなる。LEDの光ものとしてはルームライトより懐中電灯の方がどちらかというと向いているとも言えるだろう。

« 懐中電灯はひかりもの 其の壱 | トップページ | 鴨さん、待っててね »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/6429353

この記事へのトラックバック一覧です: 懐中電灯はひかりもの 其の弐:

« 懐中電灯はひかりもの 其の壱 | トップページ | 鴨さん、待っててね »