« コールマンテントは日本の縮図 | トップページ | レーダー探知器は危険なにほい »

2005年10月 1日 (土)

たこみりんは眠らない

私は自認してはばからない軟弱キャンパーだ。
猟期中てっぽ担いで狩猟区域の山を歩き回ることはあっても、山岳装備でテントを担いで山に入ることはしない。もっぱら車に道具を放り込んで、人里離れていて予約もいらずしかもリーズナブルなキャンプ場を狙って行く。オートキャンプとうたっていないところでもけっこう車が入れるので、グッズを運び込むのもそんなに苦でもない。8月のお盆時期に出ずっぱりで仕事をしたので、先日遅い夏休みを取得してソロキャンプに行って来た。その一つが静岡県の大井川中流にあるくのわき親水公園キャンプ場。ここは静岡県のキャンプ仲間がオフ会を行ったときに知ったところで、その後は片道250Km近くある距離を車を飛ばしてたびたび訪れている。TAKO-1

実はキャンプだけでなく行きがけに寄る焼津さかなセンターたこ みりんを買うという目的があった。このたこみりん、小振りのタコを薄くのしてミリン干しにしたもので、写真のようにたんまり入ってなんと\500!これは絶対お買い得。ちょっと火にあぶると香ばしい酒の肴になる。さかなセンターのお立ち寄りの際は是非お試し願いたSL-1い。

ところでくのわきはキャンプ場の横に位置する大井川の対岸を大井川鉄道が走ってい てSLの勇姿を見ることができる。山間に響く汽笛の音が郷愁を誘う。いい雰囲気だ。

平日だったので泊まり客はゼロでもう貸し切り状態。まったりとしたKUNOWAKI-1 時間が流れていく至福の時間を満喫した。雨の心配がないときにはタープは張らない主義。お気に入りのノベルスをランタンの灯りでなぞる。頭上には満天の秋の星座。これだからソロキャンは止められない。

« コールマンテントは日本の縮図 | トップページ | レーダー探知器は危険なにほい »

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/6203108

この記事へのトラックバック一覧です: たこみりんは眠らない:

« コールマンテントは日本の縮図 | トップページ | レーダー探知器は危険なにほい »