« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月31日 (土)

鹿の幸せ、ハンターの幸せ

今年は暖冬ですよと予報した気象庁の担当者は立つ瀬が無いだろうなと思うような冬日が続いている。ここ近年では久しぶりの冬らしい冬だ。スキーに狂っていたころは雪の便りが待ち遠しくて仕方がなかったが、最近はあまり寒くないと有り難いなどとだいぶトーンダウンしてきているのも歳のせいか。
まだ年寄りを拝命するにはあまりにも若すぎるので、群馬県の山奥へ鹿探しに行くかというお誘いに年末だというのに飛びついてしまった。おかげで大晦日に風呂掃除と窓掃除を山の神より任命される羽目になったのだが、そんなことは気にしちゃいられない。なんたって猟期は一年のうち3ヶ月間。チャンスはそうそうあるものではない。
場所は群馬県と栃木県の県境近辺にあたる雪深い山中。狩猟免許とは別に動物を狩るには各県に対してあらかじめ狩猟許可を願い出ておかなければならない。私自身はこの両県での狩猟許可を持っていないので今回は鉄砲を持たずベテランハンター単独猟の助手として同行させてもらった。Keshiki-1 Keshiki-2Shikaashi

雪中装備を整えて山へ入る。麓は快晴、上天気だ。青い空とのコントラストがすばらしい。沢へ目を向けると小川のせせらぎも風情がある。歩みを進めていくが雪の上には鹿の足跡がそこかしこにある。ベテランハンターは今日の足跡と昨日の足跡をちゃんと区Hunter-1 別している。これが玄人というものだろう。林道から獣道へ、雪はどんどん深くなる。ふと来た方角へ振り向くと、30m程先で斜面から降りてきた子鹿が一目散に麓側へ向けて駆け抜けていった。鹿は斜面の上で人間が歩いていくのを見張っているのだという。敵も然る者、なかなかこれという気配を感じることができないままどんどん深みへ入っていく。
ほらあそことベテランハンター氏が指差したのは断崖絶壁の岩肌。目をこらしてみると岩肌に黒いシミがついているように見える。聞けばあれが幻のキノコ「岩茸」(いわたけ)であるという。キノコといっても分類上はコケの親戚らしい。以前に乾燥させた岩茸を少しもらって酢の物に入れてみたのだが非常に淡泊な風味で、これが料亭の味かぁと関心してしまったことがある。ここで見つけたからには百年目。鹿も見つかIwatake-1らないことだし危険を冒してでもお土産を持って帰ろうじゃないかという気が起きる。 画像の場所は地上15mほど上にある切り立った岩の表面になる。人様が簡単に手が届くようなところには生えていない。だから幻のキノコだなんて言われるんでしょうな。崖登りして近づくがもちろん手は届かない。登山用のストックや木の枝を使って下から掻き出して落としながら回収するがなかなかしんどい。苦労して一握りの岩茸を収穫した。

肝心の鹿だが結局いくらかの気配は感じられたが発砲するまでには至らなかった。でもすばらしい冬景色の中での山歩きで一年を締めくくることが出来たのは幸いだった。捕まらなかった鹿にとっても幸いなことだっただろう。

今年もあと数時間。波瀾万丈の一年が終わる・・・

2005年12月27日 (火)

山に溶け込むと明日が見える

Chair-1 最近ネタが片寄ってきているので少しアウトドアグッズについて少々。

画像はお気に入りの折り畳みイスなのだが、どこにでもありそうで実はなかなかショップでは見掛けない品物だ。3ポールタイプで背もたれ付き。背もたれがない三角パイプイスみたいなものは容易に見つけられるがこのタイプは珍しい。接地面は面で接地圧を受け止めるような構造になっているため、柔らかい地面でもずぶずぶ潜ってしまわずに済む。ヘビーキャンパーが良く持っているガタパウトチェアに似ているがそれともちょっと違う。もっと簡単な構造だ。三段階に足の長さも調整できるし、カモフラのデザインがまた冬の雑木林に似合うんですなぁ。バードウォッチングや待ち猟などには最高の道具となる。実はこのイス、とっても気に入っていたりする。山に入るときには余程のことが無ければ担いで行く。USからの個人輸入で$12だった。いい買い物だったなぁと思う。

イスに引っ掛けてあるのが米海兵隊純正のカモフラキャップ。ストックナンバーも入っている本物だ。米軍基地前のサープラスショップ(払い下げ品ショップ)で手に入れたのだが新品だった。小遣いに困った兵隊が官給品をショップに売ったのだろう。この手の店はまめに回っているとたまに出物があるものだ。
あまりあれこれカモフラずくしにしてしまうと、なんだか違った方向へ行ってしまうようで気をつけないといけないかな。ふつーの人はふつーに装わなければ・・・

2005年12月26日 (月)

ヒヨドリも美味いねぇ

RISUNOKI こじらせていた風邪もだいぶ良くなったので近くの猟場へ出かけてみた。ここは朝になるとタイワンリスがたかる木があるところだ。着いてみてびっくり、例の木が丸坊主になっている。木の実をリスが全部食べてしまったのだろう。これも食害といえるのだろうか。当然朝ご飯を食べに来るリスの姿も見ることはなかった。

今回の目的はヒヨドリだ。この鳥も害鳥で農作物を荒らす指名手配犯であり駆除の対象と なっている。前回の猟期終了後、県の窓口にその年の狩猟許可証を返納に行ったが、実績報告欄の一部にヒヨドリ20羽と書いておいた。その際、県の女性職員から「害鳥駆除して下さりありがとうございます」と感謝されてしまったことがあったがそれくらい悪役らしい。でもこのヒヨドリ、焼き鳥にするとけっこういけるのですよ。感謝されておいしい物が食べられるという文字通り一石二鳥。けっこうなことである。

木が丸坊主になってしまったので木の実を食べに来るヒヨドリも来なくなってしまったが、な HIYO-4EAんとか家族の頭数分を確保して終わりにする。無益な殺生はしない・・・なんてかっこいいもんじゃなくって木があんな様子なんで飛んでこないのですよ。今回は一羽捕るごとに直ぐにワタ抜きをした上で近くの小川でおなかの中を洗うという作業を毎回行った。面倒だがこれが意外に重要で、肉に血が回ってレバーみたいな臭みが出なくなるメリットがある。
お家に帰って羽をむしる。今回はあんよを残してみたのだがグロいと家族には不評だった。某所で聞いた話だが、ヨーロッパの著名レストランでは鳥の素材が判るように鳥肉には足を付けたままお客に出すということだ。そういえば映画のシーンなどでチキンやターキーの丸焼きに生々しい足が付いていたような記憶がある。我が家もヨーロピアンテイストだと一人悦に入る。
2時間ほどタレに漬け込んでロースターで焼く。せっかくの足は焼け落ちてしまうようだ。タレは薫製で使い廻しているみりんと醤油ベースのもの。次のためにタレは捨てずに取っておく。これでこの秘伝のタレにヒヨドリエキスという深みが加わった。しかしこの薫製のタレ、どんどん得体が知れなくなっていく・・・

お皿に盛っていただきま~す。うまいねぇ、鴨の蜂蜜ローストもいけるけど、ご飯には焼き鳥が合いますな。適度な野趣があっていい感じ。子供でも丸ごとかじりつけれる。今度捕ってきたら塩焼きにでもしてみようかな思っている。
食いしん坊万歳!

Yakitori-1Mukimi Roster 

2005年12月22日 (木)

空薬莢の使い道

Shells 狩猟に出て散弾を撃つと当然ながら空薬きょうができるのだが、回収して持って帰ってきたものの処分がしにくくて少しづつ溜まってきてしまった。燃えないゴミで捨てる手もあるが、指定の透明なゴミ袋に入れてゴミ置き場に置いて変に思われても困るし、だいいちこれが家庭ゴミになるのかどうか微妙なところ。回収車が回収不可で置いていってしまうと余計に目立ってしまう。装薬銃の場合、新米のハンターが一回の出猟で撃つチャンスはそんなに多いわけではない。獲物がいなければなんにもしないで帰ってくることも多いが、でもチリも積もれば・・・で少しばかり溜まってしまった。PENSTAND
こんなものでもYahooのオークションなどでは値段を付けて売っている人もいるが、さすがに そこまでする気は起きない。そこでなにかいい使い道はないかと考えたのだが・・・単純に何個か並べてエポキシ接着剤で固めたペン立てを作ったことがある。我ながらほんとに芸が無いと思うがそのくらいしか思いつかなかった。おそまつ・・・
というわけで新たな有効利用の方法を考えたい。

2005年12月21日 (水)

携帯おまけカメラもけっこういける

久しぶりに携帯電話を変えた。シャープのFOMA端末SH902iだ。この電話機なかなか具合がよろしい。今まで使っていたのが三世代前のモデルなので当然かもしれないが、それでもわずか一年半前に買ったもの。携帯電話のモデルサイクルがなんでこんなに早いのかまったく驚くばかりだ。
色々と特徴もあるのだが、なんといってもカメラ機能がもう携帯のおまけというレベルから逸脱して、十分に使えるレベルまで到達したことはすばらしい。もちろん専用機と違って光学ズームは無いしストロボライトも点かない。でも写真を撮るという基本機能についてはフォーカス精度や色再現性共に “使える” レベルまで持ち上がってきなぁと思う。これでちょっとそこいらへんまでみたいな時に、いちいちたいそうなデジカメを持って行く必要が無くなったかな。
CAMERA-1写真に写っている左側のデジカメは200万画素のメモリ128MB、対する携帯電話カメラは315万画素に256MBのメモリを積んでいる。カメラの本質をこれだけで評価はできないが、とりあえず愛用のデジカメは携帯カメラに負けてしまった。しかもこのカメラは電話やメールも出来るしイヤホンで音楽も聴けるってんだからたいしたもんだ。Friend-1
もう一枚の写真はキジバト猟に出たときの友人を写したスナップ写真。リサイズしてあるが奇しくもこの携帯カメラ最初の試し撮り写真だ。なんの変哲もないスナップだが低照度にもかかわらずデジカメが苦手な紫の発色がいい。カバンのオレンジ色も自然に出ていてにじみも少ない。ホワイトバランスは±0、フォーカスは人物手前の枝でなくちゃんと人物に合っている。携帯電話カメラクラスでは上等の口だと思う。
というわけで色々いじくれるおもちゃが手に入った。しばらくはこれで遊んでみたい。

2005年12月19日 (月)

なんか変でない?

なんだかいつもと違う。
なんとも形容しがたいが変な感じがする。今年は鴨が飛んでこないと以前に書いたが、冬magamo2 本番になってちゃんと季節どおりに寒波がやってきいても鴨の姿がとんと見えない。今シーズン、鴨類の中でも渡りをせずに日本に居ついているカルガモ以外の鴨を見ることはほとんどない。知り合いのベテラン先輩ハンター氏も同じように危惧しているところをみると、私だけが感じているわけでもなさそうだ。
さてこういう状況だとちょっと心配になってくるのが鳥インフルエンザ。これを心配してしまうと鴨猟なんてできなくなってしまうので、あえて話題にしたくはないのだが、渡りの冬鳥は大陸からやってくるので無関係とは言えないところ。とはいえ渡り鳥も環境省が不定期にサンプリング検査をしており、いまのところは心配いらないという状況だと聞く。しかもそのウイルスも75℃以上1分間の加熱で死滅するらしいので焼くか煮るかすれば大丈夫なんだけど、かなり世間では過剰に反応している雰囲気も感じられる。もちろん心配するにこしたことはないのだが、渡り鳥の鳥インフルエンザがあれだけ騒がれているのに、なにを好き好んで鴨なんか獲ろうとするのかという衆目の視線が少し痛かったりもするんですなぁ。もともとハンターなんてのは好事家の集まりみたいな見方が多数派なんでその辺は仕方の無いところか。

Kamo-3 ところで下のコラムで書いたカルガモたちだが、ここ1週間ばかりまったく目にしなくなった。1~2日空けることはあってもちゃんと戻ってきていたのだが、今度ばかりは長すぎる。もっといい居住地を見つけたのか、またはどこかで誰かに撃たれて胃袋に収まってしまったのか、いずれにせよ普段見慣れているものがふいに目の前から消えて無くなるとなんだか寂しく感じてしまう。
かるぅ~、鴨インバァック!

2005年12月11日 (日)

今期は絶不調

一年のうちに三ヶ月しかない猟期もまもなく1/3を経過しようとしている。実のところ現在絶不調の状態。お家にもお土産がないので風当たりが強くなりつつある。しかし今年は猟場の鴨が薄い。ほんといないんですよ。たまたま居ないところを攻めているわけでもないのだが発砲のチャンスが少ないから確率的に捕れない。一日粘ってチャンスは一回きりっていうケースが多いかな。かくなる上はそのワンチャンスを絶対にモノにする正確な腕前を持たねばならぬ。などともっともらしいことを言いつつもそんなことは百も承知。スコープを綿密に調整してレンジファインダーで距離を測定後に照準誤差を修正、これは絶対いただきだと引き金を絞っても虚しく鴨が飛んで行ってしまうパターンが続く。悔しいのでその後に試射するとちゃんと思ったところに弾が行くんだなこれが。全く困ったものだ。
KARUSANPO 一方職場の近所に飛んで来るカルガモがどうもお友達を連れてきたようで、最近になって四羽となった。ここはサンクチュアリ、海辺の歩道を歩く人から餌はもらえても捕まる心配はない。てやんでぃ海草を食った海臭い鴨なんてごめんだぜぇ、と思いつつため息をつく私ではあった。

ココログカスタマイズ

きょうからテンプレートを変えてみた。前に使っていたテンプレートもけっこうあちらこちらで散見するので、ちっとは差別化したいなぁと思っている。でも標準では自由度が低いですねぇ。皆さんけっこうカスタマイズしていてやりようはあるみたいなので、少し研究してみようと思いますです。

リス皮細工

「みょうばんなめし」の終わったタイワンリスの毛皮だが、なかなかいい感じになったと思う。比較のため昨年加工した同じところで捕った毛皮と比較してみた。片方はなめし加工済Risukawa-1 Risukawa-2 み、昨年のものは皮を剥いでただ乾燥させただけのものだ。ご覧のとおり毛のある面は同じだが裏面がこのように違う。みょうばんなめしが終わった毛皮は脱脂がしっかりなされているので皮が白くなり柔軟性に富んでいる。エアライフルの弾がヒットした跡が痛々しいがそれは見ないことにする。尻尾も柔らかくなって具合がよい。ほんとうはこの後にひまし油を使って毛艶を高める作業があるのだが、別に売るつもりがある訳でもないので省略してしまった。Risushippo

まずは尻尾でキーホルダーに付けるアクセサリを作ってみた。手持ちのストラップ金具を使 って加工し、ちょっときつめの香りがするフレグランスを吹き付けたらブラッシングして完成。飲み屋のおねいさんが財布に付けているようなアクセサリになってしまったがこんなものだろう。本体は暇を見て毛皮のポーチでも作ろうと思う。

実は某先輩ハンターからイタチの毛皮の塩漬けを頂戴してあったりする。すんごく臭いぞと脅かされているので、なかなか保存してある缶から出す勇気がないのだが、そのうちこれにもトライしてみようと思っている。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »