« いけるぞ「みょうばんなめし」 | トップページ | ココログカスタマイズ »

2005年12月11日 (日)

リス皮細工

「みょうばんなめし」の終わったタイワンリスの毛皮だが、なかなかいい感じになったと思う。比較のため昨年加工した同じところで捕った毛皮と比較してみた。片方はなめし加工済Risukawa-1 Risukawa-2 み、昨年のものは皮を剥いでただ乾燥させただけのものだ。ご覧のとおり毛のある面は同じだが裏面がこのように違う。みょうばんなめしが終わった毛皮は脱脂がしっかりなされているので皮が白くなり柔軟性に富んでいる。エアライフルの弾がヒットした跡が痛々しいがそれは見ないことにする。尻尾も柔らかくなって具合がよい。ほんとうはこの後にひまし油を使って毛艶を高める作業があるのだが、別に売るつもりがある訳でもないので省略してしまった。Risushippo

まずは尻尾でキーホルダーに付けるアクセサリを作ってみた。手持ちのストラップ金具を使 って加工し、ちょっときつめの香りがするフレグランスを吹き付けたらブラッシングして完成。飲み屋のおねいさんが財布に付けているようなアクセサリになってしまったがこんなものだろう。本体は暇を見て毛皮のポーチでも作ろうと思う。

実は某先輩ハンターからイタチの毛皮の塩漬けを頂戴してあったりする。すんごく臭いぞと脅かされているので、なかなか保存してある缶から出す勇気がないのだが、そのうちこれにもトライしてみようと思っている。

« いけるぞ「みょうばんなめし」 | トップページ | ココログカスタマイズ »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/7562164

この記事へのトラックバック一覧です: リス皮細工:

« いけるぞ「みょうばんなめし」 | トップページ | ココログカスタマイズ »