« 尾道ラーメンはいけるねぇ | トップページ | 装弾のごそうだん »

2006年2月20日 (月)

車のLED化はいとおかし

最近の自動車では照明や表示灯火に使用する白熱バルブに代わってLEDを採用するケースが増えてきている。高寿命高耐久で消費電力も低い。高輝度LEDと呼ばれる明るいLEDが比較的安価に流通するようになってから流行しているようだ。
我が家の自家用車もストップランプとテールランプは標準でLEDだ。なかなか明るくて視認性も高い。でもその他の灯火類はHIDのヘッドライトを除いて白熱バルブのままだ。ここいらへんをいじくるのはくるまいじりでは格好の題材となる。
LED-01 左の画像はルームランプのバルブ各種だ。上がオリジナルの白熱バルブ、下の二種は白色高輝度LEDを使ったものでネットオークションで安価に手に入れたものだ。でもこの程度のLEDでは色温度が高いので白っぽい光を放つが光量としてはやはり白熱バルブにかなわない。暗いのは悔しいので結局は自分で作ってしまったのだが、やはりLEDは数で勝負かなと感じるところはある。LED-02
右の画像はウエッジ球と呼ばれている車幅灯用ポジションランプ (スモールランプ)のバルブ達だ。右端がオリジナル、真ん中はLED一発、左端はLED6発のものだ。やはり白熱に比較してLEDは白っぽくはなるが圧倒的に暗い。そこで高輝度LED9発というウエッジランプをネットオークションで手に入れた。これは明るい。実際に装着した状態の画像ではかなり明るそうに写っているが必要にして十分な輝度を持っている。なにより白い光を放 つHIDのヘッドライトとのバランスが取れてぐー。このくらいの工作用に今ではパーツレベルで入手もできるので自作も可能だが、実はパーツをバラで揃えるよりオークションでうまく落札した方が安上がりだったりする。
方向指示灯火は保安基準の関係であまりいじくらない方がいい感じ。なんでもかんでもLEDっていうわけにもいかないようだ。全てのルームランプと荷室用ランプはLED化が終わっているのでグローブ ボックス照明などをターゲットにしようと思っている・・・ってなことを前に言ってから4ヶ月・・・ LED-04LED-03

« 尾道ラーメンはいけるねぇ | トップページ | 装弾のごそうだん »

くるまいじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/8756445

この記事へのトラックバック一覧です: 車のLED化はいとおかし:

« 尾道ラーメンはいけるねぇ | トップページ | 装弾のごそうだん »