« 山の楽しみ 軟弱編 | トップページ | 皿割りは快感 (蛇足) »

2006年4月29日 (土)

皿割りは快感

世間様は本日より黄金週間という期間に入ったようだ。
基本的に私には関係のない話。5月の第一週は週末まで平常勤務だもんね。いいのさ、みんなが連休ボケでエンジンが掛からない5月第二週に大手を振って休むのだ。1日か2日・・・(泣)

Dish1 そんなわけでこの週末はどこへ行っても混んでいるだろうから大人しくお家でお片づけ。整理していたらこんなものが出てきた。一見すると素焼きのばっちいお皿。でもこれがクレー射撃の標的になるお皿だったりする。だいぶ前に射撃場へ初撃ちに行った際、記念にと係員の方にお願いして貰ってきたものだ。クレー射撃は正式にはクレーピジョンシューティングという。その昔は本物のハト(Pigeon)を飛ばして競技したらしいが、ハトの替わりにお皿を飛ばすようになってスポーツとなった。Dish2_1
元々は黒い焼き物の皿のようだがオレンジ色に塗ってあるのはお皿を飛ばした際の視認性を高めるためのもの。私にも出来るトラップ射撃というのはこんな直径10cm程のお皿が15m先から機械で勢いよく射出されたものを射撃銃で狙って割る競技となる。お皿の飛ぶ速さはとてもハトとは思えない。ありゃツバメだね。散弾一発に300個ほどの鉛の玉が入っているので適当に撃っても当たるだろうと当初は思っていた。がしかし・・・そう簡単に当たるのなら国体やオリンピックの正式競技にはなりませんわな。なかなかどうして動的射撃は難しいのです。でもうまくお皿に玉が集まって粉々に粉砕出来たときには気持ちがよい。薬師丸ひろ子ではないが「ん~か・い・か・ん」ってなもんだ。(激古)

Trap1_1 快感はいいのだが、もともとクレー射撃なんてのはマイナーなスポーツ。もちろんそこいらでやるわけにもいかず数少ない射撃場へ遠征しなければならない。公式に準じて4ゲームを行うと弾代を含めて万札が一枚ほど皿と一緒に飛んでいく。貧乏シューターはそうそう頻繁に射場へ足を運ぶこともできず、結果としていつまでも下手くそなままで推移するという結果になる。
たまにはやらないと道具も錆びるし腕も錆びる。錆び落としのためにせっせと小遣いを貯める安サラリーマンなのであった。

« 山の楽しみ 軟弱編 | トップページ | 皿割りは快感 (蛇足) »

標的射撃」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/9820384

この記事へのトラックバック一覧です: 皿割りは快感:

« 山の楽しみ 軟弱編 | トップページ | 皿割りは快感 (蛇足) »