« キャンプ事始め・燻製編 | トップページ | フルメタルジャケットに見る戦争と平和 »

2006年4月 4日 (火)

燻製・リカバリー編

Kansei さて鹿燻の完結編。
どうにもこうにも苦労の割に美味くなかった今回の燻製作りだったが、再度4時間くらい掛けて盛大にいぶしてみた。今回はいままで使い慣れた燻製器を使う。これだったら放っておいても最後まで完全に燃焼してくれるので安心だ。
ふむふむなんとか燻製らしい風味が出てきたぞ。でも今ひとつインパクトに欠ける。ちょっと邪道だがタレを作ってまぶしてみた。醤油とみりんをベースに唐辛子とニンニクエキス、手持ちのハーブを加えて秘密のタレの出来上がり。味の浸み具合を見ながら加えていく。
試食・・・うむ、いけるでないの。スモークに辛みが加わって良い感じ。正攻法とは言えないがナイスリカバリーってところかな。
これで少し冷蔵庫で落ち着かせると良い感じになりそうな予感。貴重な鹿肉が無駄にならなくてまずはめでたしだ。今回はほんとに手間の掛かった燻製作りだった。やっぱり普段はお手軽でうまいチーズやチクワなどがベストと思う。燻製も温燻、熱燻、冷燻と色々あるらしい。素材に応じた温度管理も重要と聞く。まだまだ極めるには時間が掛かりそうだ。

« キャンプ事始め・燻製編 | トップページ | フルメタルジャケットに見る戦争と平和 »

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

ども
燻製にしちゃったんですかぁ・・・
う~ん焼き肉が良いとおもったんだけどォこれねぇ0歳の鹿なんよ、だから肉はやわらかい筈、して燻製にしたら締まってしまうんじゃないかなぁーと
先に言っとけばよかったね、メンゴ
因みに若いやつは細かく刻んで味噌漬にして焼肉がいいっす。来シーズンは一緒に行きますか?ってどさくさに紛れて誘ったりして(笑)
そだ、伊勢原の鹿をなんとかしてくれ~(マジ)

どじった、先のコメント。
取り消しできないのねシクシク

そっかぁ、味噌漬け焼き肉なんていいかもですね。でも燻製もリカバリーしてまずまずのお味になりましたよ。醤油+みりん+唐辛子の三点セットにおろしニンニクが効いてます。少々固くなってしまったのは水分飛ばしの火力が強すぎたみたいです。もう少し遠火であぶれば良かった・・・
来シーズンは体力付けて鞄持ちでお手伝いしたいですね。あの岩茸崖よりさらに奥地まで行くにはちょっと気合いを入れないといけません。
伊勢原の鹿は三浦の某ハンターに依頼したらどうでしょう。ソフトスチールがけっこう余っているそうですよ。

こんにちは。カルさん。

32g#5号のソフトスチールが若干余ってます。遠射用で鹿には、不向きか。
銃検までにこれで、お皿割りに行こうかと思ってましたが、キャベツの値段が上がり、収穫の方につきっきりで、残弾処分したいところです。サクランボオフの近くで撃てる射場で、ご指導願えればと思います。

来期は、新品の弾を調達して、撃てればいいな。
この残弾、シュボっと湿った音のがある。しけったようです。

零歳の鹿の焼肉、うまそう。
こちらハンターではなくて、県の許可を受けて、有害鳥獣駆除用に散弾を使用してます。農家です。
今度、農林水産省がHPで野獣被害の専門家、HPで紹介するそうな。高くつくだろうな。

銃検は、明後日です。お掃除しておこうか。

一発弾の銃身一度も発射したことない。コーチお願いしたい。

銃検行ってきました。警察の駐車場が一杯になるので、早めに済ませた。許可証に替え銃身の記載漏れがあり、若干遅れたがスムーズに終わりました。

今年は、5月に狩猟免許の書き換え講習がある。
そろそろ申し込みだな。メガネ忘れないようにしないと。

我が方は22日23日です。いつも遅いんですよね。葉書が届いていないんじゃないかと心配になって生活安全課に電話することもありました。
ボクは狩猟免許の再講習は来年かな。来年一月には所持許可更新がもう一挺あります。なにやかやと平日に動かないといけないのはほんとに困りものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/9430007

この記事へのトラックバック一覧です: 燻製・リカバリー編:

« キャンプ事始め・燻製編 | トップページ | フルメタルジャケットに見る戦争と平和 »