« ビームライフルで将来安泰 | トップページ | エアライフルとビームライフル »

2006年7月27日 (木)

猿の情け、人の情け

凛(りん)とした大気とはこういうことを言うのだろう。
Marunuma1 先日の家族大移動の際に群馬県のはずれにある丸沼高原を通りかかった。丸沼高原のスキー場は、その積雪量からシーズンも長く何度か訪れたこともあるが、肝心の丸沼は今回が初めてだ。沼と言っても立派な湖。画像をどうぞご覧いただきたい。これらの写真は7Marunuma2月の午前6時過ぎの様子になる。気温は18度くらい、標高1500m程にある高原の空気はなんとも言えない静寂感と重厚感を持ってい る。車の中ではカミサン子供らは居眠りをしているがあえて起こさない。早起きドライバーの特権だ。深呼吸すると高原のオゾンが体に浸みる。しばらくこの大自然を独り占めしているような満足感を満喫することができた。

途中の峠道で猿の一群に出会う。朝もやの中、道路脇で悠々としている。自然の猿は毛づやがいい。実はこの後に猿回しを鑑賞してそこにある猿山へ立ち寄ったのだが、人に飼われている猿は動物としての生命感が希薄なのが少々気になった。やはり動物はいるべきところにいないといけないのかもしれない。
この猿の一群は親子らしい。実に仲むつまじい。悪さをしなければ人間に一番近い動物としてその生態はとても興味深い。親子の情は猿も人間も一緒だ。そうでなければこんな遠くまで君らを連れてきたりはしないんだぞ、我が子達よ。と、恩を売るのは人間だけの悪習であったりする (^^;)

Saru2Saru1Saru3_1 

« ビームライフルで将来安泰 | トップページ | エアライフルとビームライフル »

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは Fibyさん

5月の連休の頃まで雪が残っている丸沼高原近辺ですが あの辺りの景色はきれいですね いつも気ぜわしい旅をしているせいか車を止めて湖をゆっくりと観察したことがないのですが 今度通りかかったらせっかくの良い景色をデジカメに収めたいと思います
お猿さんがなんとも 愛らしい
厳しい大自然の中で暮らしている野生動物は美しいと思いますね

昨日ブログを立ち上げました が・・・
これからは師匠と呼ばせて下さい (^▽^笑)
まだ まだ人様にご紹介できるような代物ではなくて・・・

ミーさん、こんばんは。

丸沼高原はよくご存じのようですね。あそこのスキー場はまだゴンドラが架装される前の時代にせっせと通いました。あの当時は往復500Kmの道程を日帰りで往復しながら平気でスキーをしていましたが、いまは・・・さすがに出来ないだろうなぁ。

冬季は金精峠が通行止めのため、スキー場から先へ行こうという考えも起きなかったので丸沼は行ったことがありませんでした。初めて訪れて感動しました。ただぼぉ~っと立っているだけで山のオゾンを吸い込んでいる感じがしましたよ。

おぉ、ミーさんもブロガーになりましたか。お仲間、お仲間。
公開出来るようになりましたら是非教えて下さいね。ブログなんて積み重ねですから記事ひとつから公開して、その後積み重ねていくってのもひとつの方法かもしれませんよぉ。

こんばんは Fibyさん

ようやく関東の梅雨が明けましたね
こちら 東北はいまだ明けてはいんせんが 今日の夕方には梅雨が明けたような明るい空が見えていました
往復500キロのスキーですか・・・・
情熱のなせる業ですよね でも遠路からいらっしゃる方たちはスキーもですが アフタースキーのお楽しみもおおいにあったのではありませんか?
その点 地元民はそれがなくて・・・・
スキー場の恋はありえませんでしたね(*^∇^*)ニャハハ
道路わきでチェーンをかけている都会のスキーヤーの車を尻目に 一人で雪道をガンガンと登ってゆく快感(^▽^笑) これだもの・・・

未熟なブログでお恥ずかしいのですが・・・(#^.^#)
 

ミーさん、こんばんは。
東北地方の梅雨明けもカウントダウンではないですか。梅雨が明けたからってどうということもないのかもしれませんが、気分的に違いますよね。

野郎同士の日帰りガツガツスキー組にアフタースキーの楽しみなんぞありません。土曜夜に出掛けて深夜未明にスキー場着。そのまま車で仮眠して朝はパンをかじったら一番リフトで午後3時くらいまでひたすら滑り続けます。帰りはドライバーを交代しつつ睡魔と戦いながら関越道の渋滞に並ぶというパターン。今はもうでけませんです (^^;)
スキーがウマけりゃ犬でももてる・・・ってのが合い言葉でしたが結局うまくならなかったのでゲレンデの恋にも無縁でしたなぁ。

行こうと思ったときに近くにスキー場が有る方が絶対いいです。あの当時、雪国在住の方々がうらやましかったなぁ。あっ、雪国のご苦労はなにもわからずにただうらやましがっていただけです、はい。
チェーン巻き巻きはおかげで上手くなりましたぜ。両輪10分でいけます。スタッドレスがやっと買える身分になったと思ったらオッサンになっていました・・・

ブログ拝見しました。すばらしいできばえに脱帽。
感想はそちらのブログで・・・

気ままなひとり言にお越しいただきありがとうございました
Fibyさんにそのように ほめていただくと 俄然元気が沸きますね
こちらのブログはとても 為になることばかりですが 私のはほんとにただのひとり言・・・・
これから 記事がたまってくると又 いとおしく思えてくるのでしょうね 今でもすっかりはまっていますが (*^∇^*)ニャハハ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/11120358

この記事へのトラックバック一覧です: 猿の情け、人の情け:

« ビームライフルで将来安泰 | トップページ | エアライフルとビームライフル »