« ミツバチマンション建設中 | トップページ | 標的射撃も当たればよし(当たらなかった編)その2 »

2006年9月 5日 (火)

標的射撃も当たればよし(当たらなかった編)その1

私の職場はお盆休みも無ければゴールデンウィークなるものもない。ずぅ~っと平常勤務。でも週末のお休みの他、たまに平日の何でもない日がカレンダーでお休みだったりして、土日は混雑する施設が空いている状況で使えるというの役得もある。
Tokyowan ぽこっと空いた平日休み、職場の友人に誘われてクレー射撃に出掛けてみた。場所は千葉県の金谷にある金谷国際射撃場。国際って言うからにはインターナショナルな雰囲気ぷんぷんの射場かというと、これが全然ローカルな雰囲気でミスマッチなのが楽しい。
金谷へは当地三浦半島からはフェリーで東京湾を横断して向かう。車で行くとお金が掛かるので自動車はフェリー乗り場近くの駐車場に駐めておいて人間だけ乗れば船賃往復\1100で交通費は済む。貧乏人の知恵だ。久里浜-金谷35分のちょっとした船旅。天気がいいと気持ちがよい。久里浜火力発電所の大きな煙突を眺めながらしばし船旅を満喫する。

到着した船着き場には射撃場の車がお迎えに来ていた。ありがたいサShooting_range ービスだ。ほどなくして射場に到着。暫く来ていなかったのだが、射台を整備してリニューアルしてある。ちょっときれいになったかな。受付時に記録を見てみると、前回クレー射撃練習をしたのは昨年の11月! 一年に何回も撃たないからいつまでたっても上手くならないのは当然ですな。まぁ競技選手になるわけじゃないから楽しきゃいいや。だが楽しくなるためには当たらなきゃいけないということをこの後に知ることとなる。

つづく・・・

« ミツバチマンション建設中 | トップページ | 標的射撃も当たればよし(当たらなかった編)その2 »

標的射撃」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/11775587

この記事へのトラックバック一覧です: 標的射撃も当たればよし(当たらなかった編)その1:

« ミツバチマンション建設中 | トップページ | 標的射撃も当たればよし(当たらなかった編)その2 »