« 鴨よいずこ(遭遇編)その1 | トップページ | HOT DOG the movie »

2006年10月30日 (月)

鴨よいずこ(遭遇編)その2

10月も末だというのにやはり1000m級の山でもさほど寒さを感じなかった。10度をちょっとAsa_1 割り込んだかなという程度。当地では紅葉も冬もまだ遠いかなという印象だ。明け方、周囲が白んでくるとカラスが一羽朝もやの中を飛んでいった。林道のはずれで野営したのだがさっさと片付けて山を下りることにした。車を走らせて富士五湖のひとつ山中湖へ廻って鴨たちの集まり具合を見てみることにしよう。
Asameshi_1Asahi 湖畔について東屋に陣取ってとりあえず朝ご飯の支度から始める。湖を見ると数十羽単位で鴨の群れがやってきては着水している。これがぞくぞくと来るのだからすごい。湖畔から離れたところに着水する連中は、さらに南へ南下するべく小休止の鴨たちなのだろう。ふと見ると雲の切れ目から日差しが湖水面の一点に落ちていて、まるでゴジラでも浮かび上がって出てくるような雰囲気。これもめずらしい。Awan_1

飯盒メシで腹も落ち着いたので湖畔を歩いて散策してみる。程なくして朝もやも晴れて富 士山がくっきり。八合目付近まで冠雪した富士山は美しい。こちらの着雪は平年並みだという。つがいの白鳥がハートマークを形作り、なんだか観光パンフレットのイメージ写真みたいなものが撮れてしまった。

KogamoHidorigamoMagamo

鴨類はアシのヤブが深いところがねらい目。もっともここいらへんは富士箱根伊豆国立公園内なのでもちろん見るだけだ。最初にコガモのメスを見つけた。はぐれたのかさみしく一羽で浮いていた。場所を変えるとヒドリガモの群れが目に付く。オスは頭の中心に白いストライプが走るなかなかきれいな鴨だ。さらに歩くと今度はマガモたちに出くわした。オスのマガモはアオクビという通り名のごとく首廻りが鮮やか。
この時期ここ山中湖でも各種の鴨が集まっている様子を見ることができた。なんだか今年は期待できそうな予感がしますなぁ。

Tanazawako 帰り掛けに丹沢湖へ寄ってみた。ここでもまだ紅葉は3割くらいの進ちょく状況。画像のように赤いモミジと青々としたモミジとが混在している。この辺の地区できれいな紅葉に恵まれるのはまだ一ヶ月Shokugai_1ほど先かも知れない。湖畔の木が鹿に樹皮をかじられて丸坊主に なっていた。ここあたりでも鹿の食害がひどい。鹿も適正な生息数 に調整することは重要なことと思う。

今回は手応えがあった。11月15日の解禁日を心待ちにしたい。

« 鴨よいずこ(遭遇編)その1 | トップページ | HOT DOG the movie »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは もうすぐ年賀状が発売になりますね。一年は早い。
外気が冷たくなると山もくっきりと見えるようになるのでしょうか、素敵ですね富士山と白鳥の画像。
湖面に浮かぶ鴨たちも絵になっている、fibyさんも段々と目が輝いてきているのでしょうね (ё_ё)キラッ!!

Fibyさん、こんにちは!

富士山きれいですね~
鴨にもいろいろな種類があるんですね~
うちの近くの閑谷学校にいる鴨(だと思うんだけど・・)の画像を送りますので、名前を教えてくださいね。

ミーさん、どもです。
きょうはハロウィンで10月も終わり。あしたから11月、もう今年も余すところ2ヶ月。早いものです。
気温が低いと空気も張りつめていい景色も楽しめますが、晩秋から冬場に掛けて、いかんせん好天に恵まれる確率が下がってきますね。富士山の写真を撮ったあとに15分もすると雲があっという間に富士山を覆ってしまい、その日はもう見られませんでした。

おっしゃるとおり、なぜか鴨を見つけるとなんだか嬉しくなっちゃうんですよね。当ブログのタイトル画像にある鴨のデコイを枕にして寝ようと言うのはイメトレになるかな?

チェリーさん、どもです。
珍しく富士山が綺麗に出ていました。白鳥も良いタイミングで撮れたと思います。

日本に渡ってくる鴨類のうち獲っていい鴨は11種もあります。けっこう色々な種類があるんですよね。
ハンター師匠にチェックされたのですが、コガモだと書いてある画像はカイツブリではないのかとクレームが入りました(^^;)
確かにそう言われてみると、くちばしの根元にコブがある感じがします。間違えたかな?まぁ私のにわか知識なんてこんなものです。

画像拝見しました。どれも鴨系は鴨系ですが、合鴨が混ざっているようです。鴨の世界でもハーフがいるんですねぇ。

Fibyさん、こんばんは!

合鴨も食べられるんですよね?
市販のは、何鴨なんですか?
どれが一番美味しいの?

Fibyさん、ども

渡りが入ってきましたねぇ、こちらでもオナガ・コガモ・ヒドリが確認されましたよん(笑)
熊ちゃんも盛んに餌漁りしている様子で・・・あと2Wいよいよですね。

クレームではないですがコガモの件、この写真では判別難しいですが
嘴が通称ムグッチョ(カイツブリ)に似ている、がしかし雨覆い羽が(少し上がり過ぎ)・・
別の視点で生態からするとムグッチョはカニや海老の甲殻類または小魚などを捕食しやすいように尖がり嘴でしょ。(その特徴が良くでてると思う)
それに対してコガモは藻類などを採食しますので嘴先が丸いんよ、それぞれ理に適った特徴ですね。

とまぁここまでは文献、某会あたりの判別方法ですが、ハンターに要求される正確性からするともうすこし観察が必要で、この写真のシルエットから様態がどこか凛としているでしょこれはムグッチョの特徴ですね(あまり天敵を意識しない)、コガモはもう少し俯き加減で、この近距離(逆光ぐあいで確かではありませんが)では目線が天敵(この場合カメラ)に向かうはず。
それと嘴はムグッチョより短いし、下あご気味に発達しているのが特徴かと思いますです。
と言うことでムグッチョではないかと・・・断定できませんが(そういう時は発砲してはいけません、と教本に書いてあった)

チェリーさん、こんばんは。

合鴨はもちろん食べられますよ。っていうか市中で鴨として売られているお肉のほとんどは合鴨と思って間違いないのではと思います。

合鴨はその名のとおり鴨とアヒルの間の子で野性の鴨のようなクサミもきつくなく、鶏肉と同じように調理して食べられます。飲み屋さんで鴨の燻製だというので頼んだら、どう考えてもこれは鶏肉じゃないかいっていうのが出てきて、だまされた気分になったことがあります。シロウトはどうせ分からないだろうとでも思っているのでしょうかね。

鴨はなにが一番おいしいか。これは好みがあるでしょうからなんとも言えませんが、私が食べた限りではやっぱりマガモかなぁ。今年はちょっとばかり狙っておりますです。

カルさん、こんばんは。

そうですね、ちゃんと季節は動いているようです。あと二週間、首を長くして待ちましょう。
今年は熊さんは当たり年のようです。期待出来そうですね。

なるほど鳥獣判別をする場合は特徴点を識別して判断するのが間違いのないところですね。カイツブリはカイツブリ目で潜水が鵜のように得意らしく、尻尾が水線下に落ちている個体が多いようです。この写真の鳥は陸鴨の特徴である尾っぽが上向きになっていたので鴨類かなと思ったのですが、ボクの判断もちょっと怪しいものですね。

怪しい時は撃たない。もちろん鉄則です。私の場合はどうせ撃っても当たらないとも言いますが・・・(^^;)

しかし、ムグッチョとはおもしろい呼び名。潜るので付いたなまえですかね。

ども、再び

鴨で何が美味しいかって?
そりゃハシビロでしょう、うん決まりだな。ん?

合鴨もいけますけど、あの脂がねぇ・・・澄まし汁にすると美味しいよ。

Fibyさん、カルさん、こんにちは!

私は、市販のものしか食べたことが無いから、味は比べようが無いのですが、あの油は、冷えても固まらないから、体に悪くないって聞いた事があるんですけど、本当なのかしら?
これから、お鍋が美味しい季節になりますね。

カルさん、どもです。
ハシビロってそんなに美味いんですか?実のところまだハシビロカモって見たこと無いんです。15日からは目を皿のようにして探すようにしよう。くちばしがおしゃもじみたいなやつですよね。

チェリーさん、どもです。
鴨の脂線ってお尻の先端にあるんです。通常は切って捨ててしまうのですが、最初はそんなことも知らなくて鴨が捕れたうれしさのあまりその尾っぽの部分まで鍋に入れたら脂でギトギトになってしまった苦い思い出があります。みんな失敗しながら大人になっていくんですな。

これからは鍋がおいしい季節ですが、出張でやってきた長崎県佐世保市の本日の最高気温は24度。11月ってことを忘れてしまいそうです。

え~っと~
私が言っているのは、脂線の事ではなくて皮下脂肪の方なんですけど・・・・市販の鴨肉しか知らないんですから~(^_^;)

おぉっとぉ、まぁそんな話しもあるってことで (^^;)

仕事がはねて先ほど佐世保市内をうろいていたらお肉屋さんで鴨肉を見つけました。我が家の近所のスーパーマーケットには鴨肉なんて見たことはありません。あるところにはあるんですねぇ。

ちなみに、うちの近くのスーパーでも、鍋のシーズンになったら見かけますよ~

恐るべし岡山県。スーパーマーケットに鴨肉がありますかぁ。佐世保の鴨肉は時価でした。いいお値段なのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/12492662

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨よいずこ(遭遇編)その2:

« 鴨よいずこ(遭遇編)その1 | トップページ | HOT DOG the movie »