« 鴨キャッチャーで準備完了 | トップページ | やわらか戦車、我が家に退却 »

2006年10月19日 (木)

スペシャルカバーでコジュケイを

狩猟には飛び道具は付きもの。
Cover_orgでもこの道具を堂々と裸で持ち運びすることは銃刀法で禁じられている。携帯、運搬に際しては銃器を露出させないように銃カバーなどを掛けるという決まり事がある。確かにこんなものを堂々とこれ見よがしに持ち歩く危ないやつとはお友達になりたくないと普通に思うだろう。というわけで屋外では猟場などで使用する以外は左の画像のような銃袋で銃器を隠して一見それとは分からないようにしなければならない。まぁ袋がこんなかっこをしていれば中身は何なのかは容易に想像出来るのですがね。

猟場とはいえ林道などハイカーや農林業の方々とすれ違う可能性のあるところではやはり銃袋を掛けて歩くのだが、昨シーズンのこと、目の前10m位先の林道上をコジュケイの4~5羽くらいの団体さんがぞろぞろと横断している場面にでくわした。おっしゃぁとばかりに銃袋を脱がせようとしている間に、はいさようなら縁があったら又会いましょうと揃って林道脇の笹藪の中へ・・・

そこで銃袋を被せたままで照準・発射できるように穴を開けて袋を改造しちゃおうと短絡的に考えた。Cover_mod だが雑巾作り以外の裁縫は自信がまったくないわたくし、カミサンに45度の最敬礼をしつつお願いして作ってもらったのがこれ。中身にぴったり合うように切ったり貼ったりして縫ってもらったのだが、嬉しいことに思ったとおりのものが出来上がった。
Scope_part 引き金の部分もカットしてもらおうかと思ったのだが袋にならなくなっては困るのでそのままキープ。この部分はマジックテープになっているので剥がせば直ぐにトリガーに指が届くし安全装置を解除して構えることができる。スコープの部分はピント調整が先端、倍率調整が後端にあるのだが、どちらも調整出来るように良さそうな寸法でカットしてもらった。

我が家では市販の銃袋を改造したのだが、ハンター師匠はこれと似たようなものを一から作り上げて持っている。さすが師匠の器用さは裁縫にまで発揮されている。まったくもってかないませんな。
カミサンには借りができてしまった。今シーズンの獲物を献上たてまつるとの申し出に、そんなものでは勘弁ならんと・・・どうも酢飯の小さなブロックの上に海産物を盛った食べ物がご希望らしい。うぅ、マグロも高騰の折り、こいつは高い物につきそうだ。

« 鴨キャッチャーで準備完了 | トップページ | やわらか戦車、我が家に退却 »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

(*^^*) フフ着々と準備が進んでいますね。
きっと 夢膨らむこの時期が一番楽しかったりするのかもね。
奥様、とても器用に洋裁をなさるのですね、感心!!
酢飯ブロックの上に乗せるものもついでにゲットなされば、一石二鳥では・・・・
海釣りなどはなさいませんか?やはり鴨釣りで心はいっぱいなんでしょうかね。
やさしいFibyさん お手柔らかにね d(^_^o) ネッ

ミーさん、こんにちは。
準備万端いつでもゴーでございます。
あの鳥は焼いた方がうまかろう、この鳥は鍋の方がと思いをはせております。世間では捕らぬタヌキの皮算用と言うそうですが・・・

この袋の加工は我が妻ながら感心しました。立体裁縫って難しいのですよね。そこへもってきて発注者がああしろこうしろと注文が多かったので一層苦労したと思います。でもおかげさまで良いものが出来ました。

そういえば海釣りはここのところやっておりませんなぁ。すしネタ自前でゲットは難しそうです。今度師匠と釣り堀に行く約束をしているので楽しみにしているところです。

> やさしいFibyさん お手柔らかにね d(^_^o) ネッ

はあぃ、ボクは無益な殺生はいたしませんよぉ。野生動物とのスリリングな知恵比べを楽しんでいるみたいなところがあります。でもだいたい一勝十敗ぐらいの確率でボクの負けの時が多いです。きゃつらの方が数段上手なんですなこれが。

利口になるにも限度があるし、今ぐらいがいいのかなと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/12343653

この記事へのトラックバック一覧です: スペシャルカバーでコジュケイを:

« 鴨キャッチャーで準備完了 | トップページ | やわらか戦車、我が家に退却 »