« スペシャルカバーでコジュケイを | トップページ | 弾入れ工作 »

2006年10月22日 (日)

やわらか戦車、我が家に退却

Yawaraka1 娘が自慢げに小さなぬいぐるみを持ってきた。これ。
ただいま巷の限られたコーナーのそのまた隅っこで大ヒットしている「やわらか戦車」のぬいぐるみだ。なんでもゲームセンターのクレーンゲームの景品で見つけて、意地になってゲットしてきたらしい。ゲーム機にいくら掛けたのか教えてくれないのだが、こづかいたっぷり注ぎ込んでいるんだろうなぁ・・・

追記: なんでも400円で取ってきたらしい。おぉ、なかなかの腕前ではないか。ほめてつかわすぞ。

さてこの「やわらか戦車」、ネット発の動画作品なのだが、まだご存じないという方はこちらからごらYawaraka2んいただきたい。フラッシュを使って動きがなめらかなアニメーションになっている。多くは 語りません。なぜ人気なのか見ていただければわかります。戦争、兵器という殺伐としたなかから生まれてきたやわらか戦車。現代人が求める癒しがここにあるような気がするんですな。

それはそうともうこれ以上ゲームセンターで取ってこなくていいぞ娘よ。こういうことに熱くなるのは誰に似たのかな。不思議だ・・・

« スペシャルカバーでコジュケイを | トップページ | 弾入れ工作 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは fibyさん、マイブログにコメントをありがとうございます。

柔らか戦車、かわゆ~~~い(*^^*) さすが家族の平均年齢が若いと、かわいいグッズの情報が入手できるのですね。
初めて聞いた「柔らか戦車」でしたが、我が家の群馬に住んでいる娘はすでに知っていました。さすが。
アニメも中々面白い、私こういうの好きです(*^∇^*)ニャハハ。
核戦争の危機が報じられる昨今、布で出来た戦車の存在はホッと一息、ほのぼのとした安心感に癒されてしまいます。
我が家にも一台欲しいかも、ゲームセンターにでも行ってみよっかなーσ(⌒▽⌒;)

いいでしょう、やわらか戦車。21世紀はやはりこれでしょう。

ネットをうろちょろしていると色々な情報を目にします。やはりアンテナは広げてないといけませんね。
こんなのがと言っては失礼かもしれませんが文化庁主催の「日本のメディア芸術100選」で堂々の一位なんですよ。
http://plaza.bunka.go.jp/hundred/bumon_enta.html

ネット文化たるものもあなどれません。

ミーさんもおひとつどうですか?このやわらか戦車ぬいぐるみ。ピーナツかぼちゃの顔の横に飾っておくと、ちょっとばかり絵になるかもしれませんよぉ。

こんばんは (^_^)/

へ~~~ 感心! すごいですね柔らか戦車
でも分かる気がします、最近のヒット作といったところでしょうか、なんともかわいらしいドジな戦車。
一度聞いたら耳から離れないあのテーマソングもいいですね、アニメもついつい見入ってしまいます。
企業戦士たちも固い鎧を脱いで、柔らかな鎧に着替えることが出来たなら、もっと生きやすくなるかもしれませんね。

そうなんです、あのテーマソングがいいんですよね。ついつい口をついて出てしまって家人からからかわれます (^^;)

企業戦士達がみんなやわらか戦車みたいになったら、それはそれで楽しいかもしれませんね。
以前は企業戦士予備役兵ぐらいのことはやってきましたが、今の職場に移ってからは、やわらか戦車並の貢献しか職場にしていない感じもちらほら・・・

これからの我が国においては、やわらか戦車を超えることが職場貢献のメジャーになるのではと予想していますです。

つい先ほど「やわらか戦車8」がリリースされました。
これがまた抱腹絶倒、家族中でうけてましたぁ。やわらかベビー最高!

http://anime.livedoor.com/movie/4cf8e3c300d7c056/

あらら・・・ 見なくちゃ・・・ε=ε=ε=( ^o^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/12375217

この記事へのトラックバック一覧です: やわらか戦車、我が家に退却:

« スペシャルカバーでコジュケイを | トップページ | 弾入れ工作 »