« 当ブログをご覧いただく皆様へ | トップページ | シビエ料理に挑む その1 »

2006年11月15日 (水)

鴨ちゃんゲット

待ちに待った狩猟シーズンが11月15日よりスタートした。
初日に掛ける期待というのは実は並々ならぬものがあったりする。解禁日には事故も多いらしいので身を引き締めて掛からねばならない。終猟は来年2月15日。わずか3ヶ月間ではあるが食卓を飾ることが出来る程度の猟果を期待したいところ。シーズン前にはあちこちを歩き回って初日の目星を付けて回っていたが、昨年の雪辱を兼ねて一年前と同じ場所の近辺から空気銃を用いた鴨狙いにて初日を迎えることとした。

せっせと仕事をこなして休暇を取得、寝坊して失敗しないよう前日夜から近くまで移動して仮眠、明け方に猟場に向い夜明けを待つ。暦の夜明け時刻は06時17分というところ。時間だ。外気温は10度、なんだか拍子抜けするほど暖かい。周囲を見渡すがなぁんにもいない。下見の時にはごってりいた鴨たちが、解禁日を迎えるとまるで手品のようにいなくなってしまった昨年のことを思い出した。

ともかく待つ。かなり周囲が明るくなった頃、やや離れた水面に鴨の一群が着水した。距Karu_two_1 離にして100mは超える。これはだめだ。五感を周囲にめぐらせて近くに寄ってくる個体を待つ・・・。きた、カルガモが二羽、川の対岸の流れが緩やかなところに降りた。すかさずレンジファインダーで計ると42メーター。ちょっと遠いががんばってみよう。周囲を見回して安全を確認、スコープに捕らえ十文字の中心から距離の換算分とやや強い風の分、勘で狙点をずらし引き金を絞る。バン!手ごたえはあったが飛ばれてしまった。くそぉまたしても・・・と思ったら狙った一羽がすぐに着水、しばらくじたばたしたら動かなくなった。
川の本流に落ちたのでどんどん川下に流されていく。こいつはまずい。しかもどこから来たのかトンビが頭上を旋回し始めた。こりゃトンビと回収の勝負だ。急いでウエダーという胸元まである長靴を羽織って護岸をダッシュ、なんとか回収できた。久しぶりの鴨ちゃん、うれしい。
その後なんの動きもなく2時間近くが経過。たいして寝てなかったのでうつらうつら。はっと気が付くと近くに新手のカルガモが降りている。気付かれないように距離を詰めて次弾を装填。こいつもいただいた。

Magamo_1 初日から鴨が二羽とはさい先がいい。その後はまったく出会いがなく河原で腸だけ抜いたあとに記念撮影、るんるん気分で帰路についた。この調子で今年もいければいいなぁ。帰り道、狩猟が出来ない地区にはごってり鴨たちがたむろしていた。左の画像はマガモの夫婦。どうも利口な鴨はちゃんと心得ているようだ。刺激が欲しいときには猟場へ飛んでおいで・・・などと手招きしたりするのだった。

« 当ブログをご覧いただく皆様へ | トップページ | シビエ料理に挑む その1 »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

 ̄ー ̄)//”” ぱちぱち 
( ^-^)ノ∠※PON!。.:*:・'°☆。.:*:・'★°*オメデトウ

幸先の良いスタートが切れて、昨年の屈辱を晴らすことが出来てよかったですね。
今夜は祝杯かな?

おめでとう。仕事休んでまで、行ったかいが、有ると言うものですね。で、この鴨のきもちは?(^^ゞ

おめでとう!
楽しみになさっていたんですものね~
良かったですね。

しかし、いつも不思議に思っていた事があるのですが、
手元を離れた玉が、当たったかどうか?
「手ごたえ」ってどんな風に感じるの?

ミーさん、こんばんは。
おかげさまで二年連続の坊主にならずに済みました。反面一年分のラッキーを使ってしまったのではないかと心配です。

祝杯でも上げたかったですが、帰ってきてから羽むしりで大苦労しました。捕れたら直ぐにたべられれば良いんですけどもね。

なおなおさん、こんばんは。
仕事休んで行った甲斐がありましたぜ。やはり警戒心が薄い初日は狙い目なのかもしれません。

この鴨のきもちは・・・気が付かないうちに撃たれたので、多分考える時間も無かったのではないかと・・・
かくなる上は美味しく食べてやって供養してやろうと思います。

チェリーさん、こんばんは。
楽しみもこういう結果になるとほんとに嬉しいですね。鴨ちゃんには申し訳ないのですが・・・

銃砲を発射したときの「手応え」ってのは直接手に伝わる感覚ではなくって視覚的、聴覚的に感じるものです。たとえば鴨に運良く着弾すると鴨がのけぞります。また着弾音がバシッと聞こえたり、弾がかすると羽が削り取られたりもするんです。

獲物を苦しませないためにも物騒な言葉ですが一撃必殺は必要だと思うのです。

なるほど~
納得しました。
これでひとつ疑問が少なくなりました。(^_^)

おっ!やりましたね。
おめでとうございます、定数に注意してね。ふふ

おぉこれは師匠、恐縮です。
定数だなんて、私なんぞが5羽も一日に捕れやしませんぜ。数が捕れたら捕れたで羽むしりが大変そう。

一羽でも二羽でもいいからコンスタンスにいきたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/12700331

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨ちゃんゲット:

« 当ブログをご覧いただく皆様へ | トップページ | シビエ料理に挑む その1 »