« 撃たれちゃかなわん その2 | トップページ | キジを求めて »

2006年11月30日 (木)

リス毛皮細工

先日のテレビ番組で北海道で狩猟をしながら自給自足をするハンターの紹介をしていたのを偶然さわりだけ見ることができた。そのハンターが持っていたのが鹿の毛皮の携帯電話入れ。うむ見るからに暖かそう。
なんと我が家にも先日なめしが終わったばっかりのリスの毛皮があったりするんですな。なんとなく創作意欲がむくむくと沸いてきて、鹿に出来てリスにできないわけがないと勝手な理屈を立てて私も毛皮の携帯入れを作ってみることにした。

Case_1 といってもなにも難しいことをやるわけでなく、手持ちの携帯電話に合わせて毛皮をカットし縫い合わせるだけだ。さすがに毛皮だけあってシロウトには針が通りにくい。カミサンの指南を得て縫い針を指抜きで押しつつ下手くそながらも縫い上げた。写真は一番見栄えがCase_2いい角度で撮影したもの。現物はもっとみすぼらしい (^^;) でも タイワンリスの毛はとても繊細でなめらか。毛抜けもしにくくて肌触りも悪くない。もう少し小細工をしてきれいに仕上げてみたいと思う。

Tail_1Tail_2 さてこちらは尻尾の方。キーホルダーアクセサリにするため柔らかさを求めるので、毛皮より余分になめし液に浸けておいたのだが、本日液から上げて水洗いののちに乾燥工程に入った。こう言うと仰々しいが洗濯ばさみで吊して影干しを始めたというだけのこと。数日で乾くだろうからこれもかっこよく作ってみよう。

しかしこの携帯入れ、絶対冬季限定だとおもふ・・・

« 撃たれちゃかなわん その2 | トップページ | キジを求めて »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

わぁぁ・・・・ かわいいいいい・・・・
手触りも良いようですし、これからの季節自慢の小物になりますね。
ついでに顔付きの蓋を作っちゃったりして・・・(*^^*) フフ
そしたら、手と足と尻尾も・・・「(≧ロ≦) アイヤー 失礼しました、人の力作で遊んじゃいけませんね。

ちなみに私も携帯のストラップはきつね村で買ってきたふかふかのケモノストラップです。
何の毛か分かりませんが、バックの中で携帯を探すときに探しやすいので便利なのです。

ストラップ欲しいなぁ~

ミーさん、こんばんは。
ほんとにふさふさしていて携帯電話くんは暖かそうです。
これに落ちないようにするバンドは付けようかなと思っていたのですが、顔付き蓋に手足と尻尾を加えるとは思いつきませんでした。
ちょっとそこまで小細工する腕はないのですが尻尾はいいかもですね。アイデアを頂戴して尻尾付にしてみます。

ミーさんもふさふさ尾っぽフリークなんですね。あの手触りはくせになりそうです。

チェリーさん、こんばんは。
もし出来上がりが下手くそでも笑って許していただけるならば、ちょうど尻尾が余っていますのでストラップにしてお送りいたしますよ。

今回は入念になめしを行ったのでとっても尻尾がやわらかで、前回作った物よりも素材はまともに感じます。尻尾の根本をキーホルダー型にするか携帯電話のストラップみたいな細いひも状のものにするか教えて下さい。ご希望のとおりに作りますよ。

わぁ~い!(^O^)
作って下さるの~?
キーホルダーがいいです~

丁度今、キーの束に何も飾りがついていないので、嬉しいなぁ~
楽しみ~

尻尾もあらかた乾燥してきて良い感じになってきました。二本ある尻尾のうち毛が開いていてふさふさ感が高い方をキーホルダーにしますね。もう少し乾かしてから金具を取り付けて加工します。

キーホルダー金具もいくつか用意してみましたが、あまり仰々しいものは似合わないのでさらっとしたシンプルなものにします。

もうしばらくお待ち下さいね。

わくわくしますね。(^_^)
楽しみに待ってま~す!

あまり目一杯期待しないで下さいね。
もし出来が悪かったらえらいこった (^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/12883533

この記事へのトラックバック一覧です: リス毛皮細工:

« 撃たれちゃかなわん その2 | トップページ | キジを求めて »