« キジを求めて | トップページ | リス毛皮細工 その3 »

2006年12月 4日 (月)

リス毛皮細工 その2

Risupochette_1 先日、思いつきで作ったタイワンリスの毛皮を使った携帯電話入れだが、頂戴したアイデアで尻尾を付けてさらに手提げのバンドを追加して仕上げてみた。画像でみるとそれなりに出来ているように見えるが、実物は男の針仕事丸出しで縫い目なんかおおざっぱそのもの。まぁ出来上がっただけでも上等だ。やっぱり尻尾が有ると感じが違いますな。この尻尾はなめしに失敗したぺちゃんこの方なのだが、平面尻尾でもこんな用途には十分。アイデアをいただいたミーさんに感謝します。

さてもう一本の程度の良い方の尻尾は、リクエストをいただいたのでキーホルダーRisutailアクセ サリになった。けっこうボリュームがあるので付ける場所を選ぶかも。というわけでチェリーさん、こんなもんでいかがでしょうか?
久しぶりに縫い針なんか持ってしまったが、目的が有ってちまちまとやるのも悪くない。次回はもう少し実用性に富んだものを作りたいな。

« キジを求めて | トップページ | リス毛皮細工 その3 »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

あっ!
出来たんですね。
わぁ~素敵~!

ありがとう!
Fibyさんの携帯のカバーの尻尾を横取りしちゃったみたいですが、大事にするから許してね。

こんにちは fibyさん  チェリーさん

可愛らしい携帯ケースができましたね。
皮を縫うのってけっこう大変なんですよね、私はこの秋から革工芸教室に行ってますが、予め縫う場所に穴を空けておいて、針を2本使いながら縫ってゆくと楽にきれいに縫えるようですよ。

チェリーさん ステキなストラップが出来上がって、手元に届くのが楽しみですね。私も毛皮のストラップがついていますが、暇な時は何となくさわって撫でていたりします。
柔らかくていい感じ・・・・(*^^*)


昨日からここに入れなかったけれど、今度は大丈夫かな???


チェリーさん、こんばんは。
Niftyのココログが5日夜から7日昼までシステムメインテナンスとやらで書き込みができませんでした。

今週末には送りたいと思いますのでお待ち下さいね。
だいぶ乾燥して良い感じになってきました。乾燥が中途半端だと尻尾が直ぐによれよれになっちゃうんです。携帯ケースに取り付けた尻尾がそんな感じでした。

潰れないよう送るのに一工夫してみますね。

ミーさん、こんばんは。
ココログがメインテナンスをしていたようでご迷惑を掛けて申し訳ありません。と、Niftyに代わりお詫びを。

> 予め縫う場所に穴を空けておいて、針を2本使いながら縫って
> ゆくと楽にきれいに縫えるようですよ。
なるほど本来は革はそんなように縫うべきなんですね。
なんたってシロウトの男縫い、無理矢理指抜きで針を押し、押し切れないときにはラジオペンチで引っ張ったりと悪戦苦闘しておりました。

けっこうリスの毛皮はしっかりしているので、いまはやりのカイロケースなんかにしたらポッカポカで良いかなとも考えました。カイロ持ってないけど・・・(^_^;)

リスさんには申し訳ないのですが色々やってみたいという気があったりします。

>ミーさん、こんばんは!

遠くから図々しくお願いしちゃって・・・(^_^;)
確かに、さわり心地は良さそうですね~
あんまり触るとFibyさんがくすぐったいかも?

>Fibyさん、こんばんは!

いくらでも待ちますよ~
お楽しみ期間が長いと言うことは、ワクワク期間が長いと言う事だから~(^_^)

チェリーさん、どもです。
なんだかあまり待たせると期待に反した時の責任が重大なので昨日晩にゆうパックで発送しました。到着は日曜日の夕方以降だそうです。
潰れないようにかなり厳重に梱包しましたので開梱するときに苦労するかもしれませんが、がんばってばらしてね。

宅配伝票の品名欄になんて書こうか悩んで「高級アクセサリー」としました。
がはは (^o^)

「高級アクセサリー」ってところを読んで、思わず笑っちゃいました。(^O^)
確かに、世界で1つしかない愛のこもったアクセサリーですよね~

主人に誰に頂いたか言うと、やきもち焼かれるかも知れないので、今のところ、秘密です。(^_-) 

明日の夕方以降ですね。
了解です、印鑑持って門の前で待ってま~す!(^_^)

Fibyさ~~~~~ん!
今日、無事に”高級アクセサリー”が届きました~(^-^)

昨日は、6時からずっと自宅待機していたのですが・・・・
今朝見つけた配達記録を見ると、なんと4時となっていました。
だから、今朝、急いで郵便局に取りに行ったと言う訳です。(^_^;)

しっかりと3重に防御された包みをひとつずつ開き、出てきた尻尾は、予想外に大きかったけど、早速キーにつけました。

今日から、Fibyさん(の作ってくださった、高級アクセサリー)といつも一緒にお出かけです。(*^_^*)

どうも、ありがとうございました。

無事到着のようで良かったです。

手作り品ですので作りの荒さはご容赦いただくとして、市販品のようななめらかさがずっと持続するかどうかが心配です。
なめしてあるので多少堅くなっても折れてしまうようなことはないと思いますが、見た目が悪くなったら寿命と考えて下さい。

当のリス君もそんな遠くまで送られるとは思ってもいなかったでしょうね。

タイワンリスって、身長(体長)はどれくらいなんですか?
リトミックの生徒に、本物のリスの尻尾だよ~って見せてあげようかと思っているんです。

ところで、あの尻尾、いい匂いがしますね~(^_^)

チェリーさん、こんばんは。
タイワンリスは解説サイトによると以下のような寸法みたいです。
頭胴長20~22cm、尾長17~20cm、体重が360g程度で背面は黒と黄土色の霜降り模様。

胴体と尻尾を合わせると40cmくらいあるのでけっこう大きいリスになるようです。

尻尾はみょうばんのなめし液に長く浸けてあったので野性臭は消えていましたが、女性に送るので少しコロンを効かせました。山にいる野性のリスが皆あのような香りがするわけではないのでお間違いなく (^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/12933451

この記事へのトラックバック一覧です: リス毛皮細工 その2:

« キジを求めて | トップページ | リス毛皮細工 その3 »