« キジかヒヨドリか | トップページ | ヒヨドリの塩焼き »

2006年12月15日 (金)

季節の流れ

12月もあと半分を残すだけとなった。
世間様はこれから年末に向かって邁進する。師も走る師走と言うがごとくなにかと忙しくなってくる時期だ。そんな中、ぽつねんと休暇が取れたので神奈川県の西部、丹沢湖のお気に入りの湖畔へ見損なった紅葉を感じに出掛けた。

Tnzawako1116Tnzawako1213 11月半ばに見た紅葉はまだ半分というところで暖冬かなぁと思っていたら、その一ヶ月後きれいに葉が落ちてしまいモミジの木は丸坊主になっていた。こりゃしまった。この辺のタイミングはなかなか難しい。もう山は冬枯れていて当然ながら冬の装いだった。昨年は今頃から年末に掛けて寒波が襲来して正月のスキー場は歓喜したものだが、今年はどうだろうか。季節はちゃんと季節らしく動いてくれないと困ってしまう。年末年始の冬らしさを期待したい。

« キジかヒヨドリか | トップページ | ヒヨドリの塩焼き »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/13081668

この記事へのトラックバック一覧です: 季節の流れ:

« キジかヒヨドリか | トップページ | ヒヨドリの塩焼き »