« クリスマス鴨 | トップページ | キジバトのなる木 »

2006年12月25日 (月)

リスの尻尾が梨に化けた

Atago_nashi 先日、切れない包丁で鴨肉と格闘しているさなか、我が家に宅配便が届いた。今時分にどちらからかなと伝票を見ると発は岡山県。箱はずっしりと重い。さっそく箱を開けてみて天地がひっくり返るかと思われるほど驚いた。なんと箱の中身はウルトラ超弩級の大玉梨がクッションに鎮座しておられたのだった。
こりゃほんとにすごい。サイズは梨と言うよりカボチャに近い。オレNashi ンジと並べるとその大きさが際だつなぁ。こんな大きな梨は過去見たこともない。さぞかし高価なものと拝察しました。リスの尻尾のキーホルダーとではちょっとばかり不釣り合い。まったくもって恐縮でございます。
でもね、ボク梨大好きなんですよぉ。祈念すべき2007年正月においしく頂戴申し上げたいと思います。チェリーさん感謝します。リスの尻尾のご用命がありましたらいつでもどうぞ (^-^)/

« クリスマス鴨 | トップページ | キジバトのなる木 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

そんなに言われると恥ずかしいですよ~(*^_^*)
でも、一応、岡山の名産だと思います。

実は我が家にも、頂き物があったので、先程1個を3人で食べたのですが、食後の果物にしては量が多すぎて、お腹がパンパンになってしまいました。
そんなになるまで食べるなよ~って言われそう。
私は、食前に、こっそり昨日のクリスマスケーキの残りを食べていたものだから、余計に苦しくって・・・(^_^;)

まぁ~味はあまり期待しないでね。
何日置いておいても、メロンには変身しませんから~

喜んで頂けてよかったです。

チェリーさん、こんばんは。
この梨はほんとにインパクトがありました。岡山名産ってマスカットにままかりだけじゃなかったんですね。あのサイズだと我が家などでは4人でもいっぺんには食べ切れなさそうです。

でも世間の梨シーズンって夏の終わりから秋に掛けてだと記憶しているのですが、この時期こんなに大きな梨が食べられるっていうのもある意味感動です。
大切に頂戴したいと思います。

うわー、でかい梨ですね。この辺ですと、大きい梨というと新高で大きさは負けない気がしますが、普通の梨より収穫時期が遅いといっても、さすがに、この時期までは、保存できないのではないかな?この時期でも梨が食べれるんだ。驚きです。

なおなおさん、こんばんは。
ほしい?でもあげないよぉ バキッ!!☆/(x_x)

なんでもこの梨は新高梨を作った博士が同様に交配して作った品種なんだそうですよ。11月に収穫したものらしく、しっかり追熟した上で年明けした1月にいただくとちょうど良いのだと能書きに書いてありました。それでも11月の梨ってけっこう遅いですよね。
追熟の威力は先日のキウイで身にしみているので、食べたいとはやる気持ちを抑えて我慢をしております。

進物用に、今の時期出ているんだと思います。

私が頂いたものでは、新高梨よりもあたご梨の方がかなり大きかったです。

あたご柿(渋柿の渋を抜いたもの)って言うのも今出ていますが、それって珍しいのかなぁ~?それとも、どこにでもあるのかなぁ~?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/13198439

この記事へのトラックバック一覧です: リスの尻尾が梨に化けた:

« クリスマス鴨 | トップページ | キジバトのなる木 »