« テント張りたい | トップページ | リスの尻尾が梨に化けた »

2006年12月23日 (土)

クリスマス鴨

必死の努力に係わらず、残念ながらクリスマス前までにはキジとの遭遇は叶わなかった。仕方ないので鴨ちゃんにその代役を務めてもらうことに。
Kamo3_1 今年のクリスマス会は友人宅にて三家族合同なので鴨三羽を動員、本番前に下ごしらえをしておく。なんでも鍋にしたいとのことで骨からきざんで肉だけにしておけというリクエスト。切れない包丁とキッチンハサミで必死に作業して胸肉、笹身、手羽、モモと切り分けた。包丁さえちゃんと切れればもっとうまく出来たのになぁ・・・などと苦しい言い訳 (^^;) Kamo_kirimi_1
我が家では父ちゃんの使う包丁は指定されていて良い包丁を使うと怒られる。まぁ骨でもなんでもバリバリ切ってしまって直ぐに包丁が切れなくなるせいらしいが、切れる包丁ならそんな心配もいらないのではと思うのだが・・・。でも出刃でもないのに骨を切ったらやっぱり同じかな。

かくなる上はサンタ様、どうか哀れなお父さんに切れる包丁をプレゼントして下さぁい・・・っと星に願ったりする。

« テント張りたい | トップページ | リスの尻尾が梨に化けた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

こんはんは~
お肉屋さんのウインドーかと思いました(*^^*)
今年は幸先の良いひなぞろえで、鴨鍋パーティーですか、いいですね。鍋は人数が多いほど楽しいですものね。

包丁は研いだら切れるようになると思うのですが・・・・・
私は結構包丁研ぎにはまっていた時期がありまして、帰宅の遅い夫が帰る頃まで台所で何本も包丁を研いでいたことがありました。
深夜包丁を研ぐ女(;¬_¬) アブナイ主婦ミタイネ・・・・("⌒∇⌒") キャハハ

ミーさん、
胸肉は鴨南蛮、手羽とモモはフライパン焼き、笹身は塩焼きって感じでいただきました。煮物ではやっぱり鴨のクサミが抜けないんですよねぇ。おいしかったですがこの辺は課題を残しました。

包丁は研いだら切れる・・・まさにそのとおり。でもボクの愛用の出刃包丁は刃こぼれでノコギリのよう。通称ノコ包丁なんですぅ。
さすがにこれは研げなさそう。100円ショップでも出刃は売っているので試してみようかな。

包丁研ぎいいですねぇ。
できれば白装束の和装をして白はちまきにロウソクの二本差し、玄関扉に向かって包丁を研ぎながらご主人様の帰宅をお迎えしましょう。きっとどんな願い事でもかなえて下さいますよ (^o^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/13174055

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス鴨:

« テント張りたい | トップページ | リスの尻尾が梨に化けた »