« リス毛皮細工 その3 | トップページ | 季節の流れ »

2006年12月13日 (水)

キジかヒヨドリか

もうすぐクリスマス。クリスマスと言えば七面鳥の丸焼きですな。でもなかなか我が国では簡単に用意することはできない。七面鳥の代わりに鴨じゃぁなんだかイメージが合わないので、やはりここはキジでしょう・・・ということで勝手に決めて、未だ捕まえたことのないキジをゲットするためにハンター師匠に教えていただいた秘密のキジ場を早朝訪れた。

Hiyo10 見るからにキジが出そうな場所なのだが、ふらふら歩き回っても結局見つけられなかった。そもそもそんじょそこらに沢山いる鳥ではないので、ここはせっせと通って出会いの機会を得るしかない。
遠くまで来たので手ぶらで帰るのもなんだと思ってヒヨドリを落として持ち帰った。きりの良いところで10羽ほど捕ったのだが、お家に持って帰って胸肉だけ剥いでみる。そんなに大きな鳥ではないので10羽ぐらいではあまり大した量にならなかった。そこで在庫していた鴨の砂肝を切って足してみた。それらをまとめてニンニク醤油ベースの焼き肉のタレに漬け込む。クサミを抜くには一番てっとり早いやり方だ。

MunenikuSunagimomixTarezuke

やはり本命はキジ。クリスマス前に捕れるかな・・・

« リス毛皮細工 その3 | トップページ | 季節の流れ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

太田和でもキジが居るのを見かけますよ。でも、まだ今年は、見ていないです。交通量も増えて、引越ししちゃったかな?捕ったのがオスのキジだったら、きれいですね。捕まえたら、燻製じゃない、剥製かな。

そうそう、野菜オフの日程は、1月27日です。成長が早く、2月では、食べる野菜が無くなるかもと言う事で、今回は、少し早くなりました。

なおなおさん、こんばんは。
ヒヨドリと鴨の砂肝は今日焼いて食べたのですが、家族からは美味しいけど飽きる味だとの厳しい評価。う~む、これからは調理方法も考えねばなりません。

ご近所にもキジがいるんですね。敵もさるもの、なかなかここぞと言うときには出てきてくれないんですよね。
メスのキジは捕ってはいけないことになっていていいのはオスだけなんです。捕れたら剥製にして居間に飾りたいところですが置くところが・・・って取らぬタヌキの皮算用 (^o^)

野菜オフは1月末なのですね。猟に出てなければぜひ行きたいです。ハンター師匠がまた鹿でも持って来てくれるかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/13061446

この記事へのトラックバック一覧です: キジかヒヨドリか:

« リス毛皮細工 その3 | トップページ | 季節の流れ »