« マガモの剥製 | トップページ | カラス駆除 »

2007年1月18日 (木)

鴨vsキジバト ワイン煮対決

なんだかんだと野鳥肉の在庫も増えてきたので、先日剥製屋さんに返してもらったマガモ肉と在庫のキジバト肉を使ってワイン煮を作ることになった。
今回は準備を父ちゃんが担当、調理は奥方様がご担当下さるという嬉しい状況だった。Kamo_kijibato 骨から切り離した鴨一羽分とキジバト4羽分を牛乳に丸一日漬け込んでクサミ抜きをした後に各種スパイスを駆使して下地作り。なんでもこれが重要なんだという。
で・・・途中をはしょって出来上がり (^^;) どうやって出来たのか任せていたのでわかりまっしぇーん。ワインとブルーベリーがベースのソースが決めてだという。なんだか欧風料理みたいですな。画像の片隅に納豆が写っているのは無視してくだせぇ。
Wine_stewさてご試食。やはり野性味は抜けないがそれがまたシビエ料理のいいところ。マガモの方 が自己主張は強そうだ。でもカルガモのような泥臭さが薄いのが嬉しい。反面キジバトはクサミも強くなく万人向けのお味。どちらもうまいがキジバトのポイントが若干高いというのが家族の採点表。皆で美味しくいただいた。
やはり野鳥は焼くばかりでは能がない。色々な調理法を研究してみたいですな。

« マガモの剥製 | トップページ | カラス駆除 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/13563196

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨vsキジバト ワイン煮対決:

« マガモの剥製 | トップページ | カラス駆除 »