« アイスボックス鴨 | トップページ | カワラヒワ »

2007年2月 6日 (火)

鴨がまんじゅうに化けた

昨年のこと、リスの尻尾が大きな梨に化けて美味しい思いをさせていただいたのだが、今度は鴨のお肉がおまんじゅうに化けてしまった。
Orokuman 先週のこと、一緒に職場内の講習に出ていた同僚から野性の鴨を食べてみたいとのリクエスト。鳥インフルエンザについての保証はできないよとの話しに「気にしない」との奥方の承認も得たとのことで、在庫の中から比較的脂ののっていそうな冷凍鴨を別けてあげた。彼は週末は某スキー場でスキー指導員のアルバイトをしているバリバリのスキーヤー。その関係でここのところの毎週末は上越の人となっている。今回お土産でいただいたのが上越十日町のお六饅頭と十日町そば。ちゃんと私の好物を心得ていてくれているところがにくい。
さっそくいただくとこのおまんじゅう、皮はちょっと塩気が効いているも程よく甘いあんことの組み合わせが又絶妙。もちもちした皮の食感と合わせて実にうまい。温泉まんじゅうとは一線を画す風味が上越らしくていい。おいしく頂戴した。もう一方のおそばも楽しみだ。

こんな物々交換というか物流の流れというか、なんとなくいいですね。お恵みをいただいた皆様、ありがたく頂戴をいたしております。 m(_ _)m

« アイスボックス鴨 | トップページ | カワラヒワ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/13813493

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨がまんじゅうに化けた:

« アイスボックス鴨 | トップページ | カワラヒワ »