« 狩猟の終了の終猟2007 | トップページ | マガモのカール »

2007年2月17日 (土)

キジの剥製

今年の狩猟期間中、なんとか出会いたくてせっせと通っても、とうとう願いかなわなかったのがキジとの遭遇だ。
Kiji_hakusei_1 キジは日本で許可されている狩猟鳥の中ではヤマドリと並んで最大級のサイズの鳥になる。特に尻尾が長いので余計に大きく見える。今シーズンはフィールドではとうとうお顔も拝すことができなかった。

先日ハンター師匠に頼まれていたものを渡す際に「標的に使うキジをやるぞ」と言われてキジがデザインされた標的紙でももらえるのかと思ったらこれがなんとキジの剥製だった (^^;) 師匠もどこかで貰ったらしいのだが二年前の剥製らしい。立派な木台にデザインされたなかなかのもの。ちょっと翼が小さくカットされているのが残念だが、それでも堂々の風格がある。ありがたく頂戴した。

Kiji_hakusei_2 このキジを眺めながら9ヶ月間イメージトレーニングをすれば来期はゲットできるかな。4月か5月にはこの前依頼したマガモの剥製も出来上がってくるはずだ。キジに鴨と我が家の飾り物がだんだん変化してきたことをまだ家族は気が付いていない・・・

« 狩猟の終了の終猟2007 | トップページ | マガモのカール »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

あちゃー
イメージトレーニングじゃなくて標的よん。

んで、これをただ地面に置くんではなくてバケツに水を張ってそこに入れると揺れるじゃん、またはゴムひもで木に吊るしても良いけど・・・
やりましょうよ練習

そんなぁ、立派なキジがもったいないですよぉ。
ただ今我が家のリビングの一等地にしっかりと鎮座めされております。

練習は・・・紙にしておきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/13943927

この記事へのトラックバック一覧です: キジの剥製:

« 狩猟の終了の終猟2007 | トップページ | マガモのカール »