« 白銀は招くよ(その3) | トップページ | そして鴨もいなくなった »

2007年3月19日 (月)

白銀は招くよ(その4)

今回のスキーレッスンでは友人からこてんぱんに指摘されてしまった。下手くそだからに他ならないのだが、小さいポイントひとつでも克服できると少し成長したようでうれしく感じるものだ。以下準指先生ご指摘のカービングターンのポイント

ターンは一連の流れと心得よ/板を揃えるな、最低でも肩幅くらいは離せ/ターン途中のニュートラル時、上体を伸ばすな、また谷側のスキーを寄せるな/ターン時には内足に体重移動しろ、ターン中は外足には必ずエッジが立つので意識しなくてよい/ストックは遠目に突き、引き寄せるのではなく押し込め/ターン時、股ぐらで直角三角形を作る気持ちで行け/ターンは体を固めずリズミカルに上体の動きを加えろ/押し込んでターンのきっかけを作るのではなく、きっかけを掴んでからスキーを回し込んでいけ/「五木滑りと波乗り滑り」をマスターせよ/小回りターンはストックを中心に回り込むつもりでいけ/内スキーはターン導入時フラットにするような感覚を持て/etc,etc

今回持って行ったスキー板はこの友人先生からのお下がり品なので、スキー板に相応な滑りをしなければいけないということらしい。とてもじゃないがこれらを全てを二日でマスター出来るわけでもないが、言われてみるとなるほどなと思われる筋も多いのは確か。う~む、カービングスキーマスターへの道のりはまだまだ遠いぞ。来シーズンまで今回会得した感覚を覚えていられるかな。

Kashimayariyama 画像は二日目に滑った鹿島槍スキー場から見た鹿島槍。スキー場からはだいぶ離れているが天気が良いせいかきれいに見渡せる。あのとんがり帽子のてっぺんで2800mほどの高さになるのだそうだ。

今期バッジテストは受けられなかったが、来期は再トライしようと心に決めた。おっさんパワー炸裂だぁ。

« 白銀は招くよ(その3) | トップページ | そして鴨もいなくなった »

スキー」カテゴリの記事

コメント

(^_^)/ちわ ♪
一昨日についに買ってきてしまいました、カービングスキー2台。
"/(;-_-) イタタ・・ 財布。
シーズの終わりという事でだいぶ安くなっていたようでした。
買った以上試し乗りをせねば・・・・
たぶん 明日は近くのスキー場に立っていることでしょう(*^▽^*)

カービングターンのポイント、早速参考にさせていただきます。
以前の長いスキーとは構造が違うのだから、ターンにも違いが出てくるのでしょうね。
短い分とてもターンがしやすいし、あのエッジのカーブもターンがしやすい構造なのでしょう。
スキーの操作の説明は、何となく分かりますが、でも難しい・・・(*ーー*)
私の場合、転ばないでスピードをコントロールしながら楽しく滑れればOKという事で、明日試乗してきまーす。
「カービングターンのポイント」はコピーして持って行って実践してみますね、忘れなければ。。。(^▽^笑)

ミーさん、こんばんは。
おぉ、いっちまいやしたね。ミーさんもカービングフリークの仲間入りですね。ご主人とおそろいのデザインでしょうか、いいなぁ。

多分ミーさん位の腕前でしたら普通に乗ってもちょっとフロントがおしゃもじで長さが短い分落ち着かないスキー板だなと思われる程度で従来のスキー操作を使って乗れることでしょう。
しか~し、下手くそが偉そうに言うのをお許しいただいてあえて申し上げると、カービングってのはやっぱり違うんですねぇ。ちゃんとカービングしたいと思ったら今まで自分が培ってきたトラディショナルなスキー技術とはまったく違う異次元の技術を受け入れる必要があるみたいです。
ボクもカービングスキーと出会う前はスキーは足をぴったり揃えて「くの字」姿勢をばっちり決めて滑る物だと思っていました。今回カービングの基礎から教え込まれましたが、まず従来の概念をばっさりと捨てることから始めなければなりませんでした。長い間身に染みついてきたスキー操作を捨てるのは正直言って楽ではありませんでしたよ。

板が短いのでターンもし易く初心者でも直ぐに乗りこなせますよぉ・・・なんていう売り言葉は嘘っぱちだと思います。それほどカービングは深い。でもコツを掴んでしまうと、こんなにも力を掛けずに切れるターンができるのかいねとびっくりしました。おもしろいです、カービングスキー。

一級の腕前があれば直ぐに乗りこなせられることでしょう。是非カービングの世界にどっぷり浸かって見てください。オーバーかもしれませんが今までとまったく違う世界が見えてくるかもしれませんよぉ。

試乗レポート楽しみにしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/14318467

この記事へのトラックバック一覧です: 白銀は招くよ(その4):

« 白銀は招くよ(その3) | トップページ | そして鴨もいなくなった »