« 花見は鹿焼きで | トップページ | 待ちくたびれて車いぢり »

2007年3月30日 (金)

鹿焼きの評価

作った鹿焼きを職場へ持っていって試食してもらった。結果は・・・

Shikafamily う~む、賛否両論だが人気としては以前に作って持って行った薫製に比べると今ひとつ。そのまま摘むよりご飯のおかず的な出来だったからだろうか。次回は薫製にしてくれというリクエストもいくつか頂戴した。
うまいまずいの以前に、あの可愛い「シカ」を調理して食べてしまうということに抵抗感のある人がけっこういたのは少し意外だった。鹿肉しても鴨肉にしても欧米では高級シビエ料理の食材だ。しかしながら基本的に農耕民族国家である我が国にあって、野生鳥獣をとっつかまえて食べてしまうという風習は極一部を除いては存在しないので、牛豚鶏などの家畜以外の肉への抵抗感が根強いんですねぇ。

まぁ、その辺は好みの問題ということで軽く結論付けよう。わたくしとしてはせっせと腕前を上げることに精進したいと思う。射撃と料理の両方ね (^-^)/

« 花見は鹿焼きで | トップページ | 待ちくたびれて車いぢり »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コンバンワ(^^)/
例の件ではお世話様でした<(_ _)>

鹿肉焼き、美味しそうですね。
だんだんと腕前も上がっているようで、見た目にも美味しそうです。
大勢が集る席に持参するには、十分な話題性があり味見のできる方たちはラッキーですね。
益々の精進、期待しています。

ミーさん、こんにちは。
とりあえずの問題は解決されたようで良かったです。

制作者としては鹿焼きうまいと思うのですが、やはりそのまま摘むには薫製のようなオツマミ系の方が好まれるようですね。
まだハンター師匠から頂戴した鹿の舌がありますので薫製も今度やってみようと考えています。牛タンならぬ鹿タンですね。

せっせと精進したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/14461602

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿焼きの評価:

« 花見は鹿焼きで | トップページ | 待ちくたびれて車いぢり »