« プリンタ新調 | トップページ | 鹿焼きの評価 »

2007年3月29日 (木)

花見は鹿焼きで

当地神奈川県南部では桜がそろそろ見頃となってきた。
まだ満開とはいかないが桜が咲くとやはり春だなぁという感じがする。ついこの前まで寒さに凍えながら鳥撃ちしたり、スキーで雪にまみれたりしていたのが嘘のようだ。
職場で昼休みに花見をしようという話がまとまり、よっしゃ何か面白そうなモノでも作って持っていこうかなと取って置きの鹿肉を解凍しておいたら、天気予報が雨だとのことで前日に中止が決定。しかしすでにお肉は解凍済み・・・仕方ないのでお肉だけは調理して持っていくことにした。

Deerblocks 先日覚えた技、「ウーロン茶煮」をした鹿肉。今回はあまり煮詰めずに30分くらいに留めた。包丁を入れるとちゃんと芯まで火が通っていて問題なし。これを刻んでマラドックのスイートチリソースに絡める。甘い香りが鼻を突いてそのままでも食べられそうな感じ。特にSeetchiri 小細工せずに油を引いて焼いてみる。いつもあんたは焼きすぎだとおしかりを受けるので今回は少し気を遣ってみた。ハードボイルドな男にはウエルダンが似合うんだぜぇと毎度言ってもいられない。

Chriyaki で、ご試食。うむいけるでないの。クサミはすっかり抜けてソースの甘みが強い。おかげで鹿肉らしさも薄れてしまったが、くせがないのは幸いだ。
というわけで明日職場に持っていこう。だれもつまんでくれなかったら・・・ちっと悲しいかも。

« プリンタ新調 | トップページ | 鹿焼きの評価 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/14453385

この記事へのトラックバック一覧です: 花見は鹿焼きで:

« プリンタ新調 | トップページ | 鹿焼きの評価 »