« お手軽パン作り | トップページ | スマートなヒヨドリ »

2007年5月 5日 (土)

ブームの去ったキャンプ場

2007年ゴールデンウイークも終盤となった。ここのところ平常勤務だったが、土曜日の出勤が無くなったのでこれ幸いと私の定番、神奈川県西部の丹沢湖へとぶらりと出かけてみた。

Campsite_2 今日は子供の日、天気も良く川沿いのキャンプ場はさぞや家族連れで混雑しているだろうと覗くと、あにはからんやご覧のとおり閑散とした状況。う~む、やはり一頃のオートキャンプブームは完全に去りましたなぁ。空いているぶんにはそれはそれでいいのだが、やはりこの手のキャンプ場は閑散としているとなんだか寂しいものもありますな。

Uguisu_1 キャンプ場から離れた河原へ降りてみる。ウグイスがいい鳴き声を出している。練習の成果なのかこの時期になるとウグイスもホーホケキョが上手になってくる。近くの木でとても大きく聞こえるのにどうしても鳥を確認できない。猟期も終わって勘が鈍ったか。当てずっぽうで撮った写真にうまいことウグイスが入っていた。画質は悪いがトリミングしてみるとこんな感じ。やっぱりウグイスは春の風物詩だと思う。

WakimizuHinokisui  この日は気温も上がり汗ばむ陽気。丹沢湖のはずれにある水くみ場に行ってみた。檜の山を巡った地下水が湧き出る石垣。「檜水」との看板がある。そのままがぶ飲みする。塩素で殺菌されていない水はまったく「生」って感じ。良い意味での生水だ。うまいですねぇ。ちょっと冷やすと最高の水になるだろう。キリンビールの横浜工場では丹沢の水を使ってビールを造っているのだという。こんな水で飯を炊いたらうまかろうなぁ。きょうはキャンプでないのが残念。

皆様はゴールデンウィークをいかがお過ごしでしたかな?天気も比較的安定してて良かったのではないでしょうか。
日常が戻るまであとわずかですよぉ。

« お手軽パン作り | トップページ | スマートなヒヨドリ »

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

ここでも、鶯の鳴き声は良く聞こえるのですが、姿を見たことはありません。一度は撮ってみたい被写体です。

チェリーさん、こんにちは。当地は雨の日曜日です。

この薄いウグイス色がネックなんです。目をこらそうが凝視しようが居ることはわかっていても見えないんですよねぇ。
ところがカル師匠のような人だと見えるんですよ。研ぎ澄まされた狩猟者の目には到底かないません。

1000万画素級のカメラをお持ちならば、後でトリミングするつもりで当てずっぽに撮ってみるのもいいかもです。連写機能を使って撮りまくり、後で良さそうな物を選ぶのがデジカメらしい使い方だと物の本で知りました。
ボクは銀塩カメラが長かったので一発に賭けるみたいな撮り方をする傾向がいまだにあります。

鳥を撮るなら良い道具と対象を見つけられる眼力が必須。ボクは両方持っていないので苦労しております。

私の働いている工場にはいろいろ鳥が飛んできます。
セキレイ、ウグイス、ムクドリ、カケス、キジets
工場には池がありその周りに柿の木が3本、
建物は工場以外何も無いので鳥を招くには好条件なんです。
なので餌台を作りさらに鳥がくるのを楽しみにしています。

七神さん、こんにちは。
きょうでゴールデンウィークも終わりですが良いお休みをお過ごしでしたでしょうか。

> セキレイ、ウグイス、ムクドリ、カケス、キジets

このキジが寄ってくるってのがすごいですね。餌付けできるのだとは知りませんでした。カケスもヒヨドリやムクドリに比べて大きい鳥ですが、山では神経質でなかなか寄らせてもらえません。彩りが綺麗な鳥なので近くで見てみたいですね。

PS,トイレの無い草原で地面に穴を掘ってすることを「キジ撃ち」と言うそうですが、キジの生態が解ってきてやっとその意味が理解できました (^_^;)

6日が雨の予報だからでは、ないですよね。私も今年こそキャンプをと思っていますが、シングルの頃の小さいテントしかないので、初めは、バンガロー泊も有りかなと思っています。お勧めの安いバンガローなんてあります?聞いても結局行かずに終わってしまうかも知れないんだよね。

なおなおさん こんにちわ

バンガローは安くはありませんが、ロケーションの良いとこ紹介します

http://www.city.nikko.lg.jp/kankou/ashio/shukuhaku/ginzan.html

是非一度行ってみて下さいくださいまし
(管理人さんにカルの本名を言って下されば格安になるかも)

なおなおさん、こんにちは。

> 6日が雨の予報だからでは、ないですよね。
おぉ、そっかぁ連休最終日は雨の予報だったんで皆さっさと前日に引き上げたというわけですな。山にいても皆さん天気には敏感なのですねぇ。

バンガローですか。この近所で一押しは丹沢湖のはずれにある「世附川(よずくがわ)ロッジ」がお勧めです。以下の記事で少し紹介しています。
http://kamon.way-nifty.com/fiby/2006/07/post_d4d5.html

なんたって安い。一人大人¥1200だけしか掛からないので少人数でもお安く済みます。バンガローは6畳間でけっこうゆったりできます。丘の上から丹沢湖が一望できてバンガローごとの屋根付きバーベキューコンロもあり、タープ椅子テーブルのたぐいは一切不要なのが楽です。運が良ければ鹿も出てくるしカブトムシも捕れますよ。

機会をみて出かけてみて下さいね。

あっ、銀山平にボクも一票。
そこの隣にあるカジカ荘の露天風呂があるから二票かな (^-^)/

おっと~

バラギ湖じゃなかった?

http://www.wakasagi.cc/baragiko/

真冬でもOKよん、ご案内致しますです。
ただしバンガローはありましぇん・・・温泉は至るところにありますです。
因みに鹿は居ませんが、猪、熊、狐などが頻繁に・・うふふ

おぉ、きれいですねぇ。ワカサギ釣りもいいなぁ。
一度氷に穴を開けて釣り糸をたれてみたいです。

猪、熊、狐ですかぁ。なんだか狐以外はあまり友好的でないみたいなのでちょっと引いてしまいますね。
できればキジさんとかヤマドリさんとお友達になりたいです。

はぁ~い
釣りもいいけど、キジもヤマドリもオイデ御出でと言っとりますよん
当るように練習しておきなさいって・・うふふ

へぇい、群馬の登録申請はすでに心で決めております。

キジかヤマドリが一羽獲れれば、鹿の足持ちでも首持ちでもなんでもやりまっせぇ (^-^)/

Fibyさん、カルさん、キャンプ場の紹介有難うございます。やはり、周りの環境のいい場所がいいですね。Fibyさん、太田和には、まだ、キジがいるようです。三浦縦貫も出来たりで、もういないのかと、思っていたのですが、つい最近、見ました。でも、ここでは、撃つ訳には、いかないのでしょうね

おぉ、キジがまだいますか。
キジは決まったところに居着いて、よく同じ場所で見かけることが多いのだそうですよ。

その近辺はさすがにだめです。一山越えて大楠山方面はOKなんですけどもね。
キジのきれいなところを写真に撮って、ぜひなおなおさんのブログに載せて下さいな。

おばんですぅ

>キジかヤマドリが一羽獲れれば、鹿の足持ちでも首持ちでもなんでもやりまっせぇ (^-^)/

おー心強い、その節は宜しくお願いします。
マイザイル(20m~30m)は一本、必要としますが御準備願います。

ついでにピッケル、アイゼン、ツエルト・・・
って冬山登山ではないっすかぁ (^^;)

確かに山登りですものね。

おこんばんわっ

>ついでにピッケル、アイゼン、ツエルト・・・
>って冬山登山ではないっすかぁ (^^;)
う~む、前回行ったときのイメージが強すぎかな?
あれはハイキングでハンチィングじゃないっす(キッパリ)

アイゼンがあればベターですが最低でもスパイクシューズ(専用の長靴)は必要だす。ピッケルは要りません役に立ちませんので・・槍はこちらで準備しますぅ。
それとツェルト&寝袋は必携。

>確かに山登りですものね
ふふ、夏場に一度登ってみます?
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=54397350

どこの尾根でもOKですよん、道はありませんのでルートの必要はありませんピークをピストンするだけ簡単です。

カルさん、こんばんは。
この20m等高線のなんと込み入っていることよ。沢づたいはもう切り立っているような雰囲気ではないですか?こりゃ夏場でもハードそうですね。

まずは冬山用品の用意、それに師匠についていける体力を付けなきゃいけないですね。

こんばんわっ
ふふ、驚きました?って驚くはまだ早いよん行ってみなければ・・
崖っぷちであることを推測できるなんてそうそう居ませんよ、山をやっていましたね。

等高線の混み具合もさることながらこれが連続している、ということはかなり高いと言うことです、およそ100メーター、200メーターの崖がいたるところに、ですから動物にとっては安全圏なんですね。

因みに、等高線の話がでたのでついでに、この何処でも活動エリアは東経1分約1.5キロ北緯1分が約1.8キロでありまして・・(2万5千分の1の地図上ではそれぞれ6センチと7.4センチであります。1キロは4センチ)
そして見上げるほどの崖であることは遠距離砲を手に入れたカルとしては好都合でございまして、このエリアの中心にいればどこでもとどくと・・すなわち早い話が回収組はこのエリアは何処でも行ける準備が必要であるってワケ、面白そうでしょうふふふ。
あー早く行きたいですね・・ウンウン

なるほど、こりゃぁ回収組はかなりのエネルギー消費になりそう。撃つ方は撃つ方でいつぞやみたいに崖に引っかかって回収不能にならないように、引き金を引くにも戦略が必要になりそうですね。

沢に落ちてしまったら持ち上げるのが難儀そう。もうその場で処置かな。なにをするにも大変そうなところですが、そんなところだからこそ獲物の影が濃いのでしょうね。

Финансовая сеть МММ-2011 развивается более 8 месяцев и успешно платит вкладчикам.
Вновь зарегистрированные участники могут получить бесплатные 20 долларов, которые в дальнейшем могут снять и положить на долгосрочный депозит.
Прибыль от 20 до 60% в месяц.
За "3 месяца" вклад увеличивается в 2.2 раза
За "6 месяцев" в 11 раз.
За "1 год" в 130 раз!
Торопитесь пока депозиты доступны, их можно будет продать на бирже в несколько раз дороже.
Реклама во всех городах России!
Мы Можем Многое!
Сергей Мавроди.

http://mmm-invest.biz

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/14964758

この記事へのトラックバック一覧です: ブームの去ったキャンプ場:

« お手軽パン作り | トップページ | スマートなヒヨドリ »