« 食物連鎖の頂点 | トップページ | 新兵訓練所はつらいよ »

2007年7月31日 (火)

ミニマグ、LEDで復活

私は懐中電灯大好き人間。昔から光り物が好きだったりする。

その中でもお気に入りはマグライトと呼ばれているアルミ製のボディを持つヘビーデューティな懐中電灯。このマグライト、各国の軍隊や警察で正式採用されている本格派だ。別にライトなんて光って明るければいいのだが、なんとなくこだわってしまうのは好事家のなせる技か・・・

Maglights1_2M1type5 さて我が家のコレクションの中でマグライトは2丁ある。いずれも単三電池2本を使うミニマグだが、ご覧のとおりそれぞれかなり年期が入っている。今回はこれのうち1丁に純正のムギ玉を外してLEDを仕込みグレードアップを図ろうという魂胆だ。この改造キット、東急ハンズで2千円なにがし。正直言ってオリジナルのミニマグだって2千円くらいだったので本体より高い改造キットとなる。

Magledunit オリジナルの電球はご覧のとおりのムギ玉になるのだがこいつがよく切れる。いざとなったときに切れては困るので、よくしたものでちゃんとお尻のホルダーにはスペアの玉が入っているのが憎いところだが切れないにはこしたことはないですよね。
通常の高輝度白色LEDは単三2本の3ボルト電源電圧ではまともに光らない。電源電圧が変わらないなら昇圧させてやる回路が必要になる。このキットに付いているLEDモジュールには円盤状の部品が付いているが、ここのなかに電源電圧を持ち上げるDC-DCコンバーター回路が入っているらしい。この辺は素人工作では作れるレベルではないので購入しか選択肢はないのですな。

Mag2type_2 早速改造して点灯試験。ムギ玉のオリジナルミニマグと比べてみた。明るさでは双方拮抗してるように見えるが、やはり波長の関係か白い光の方が明るく感じる。試しに単三3個でLED5個を使った懐中電灯と比べてみたがLED改造ミニマグの方が明るかった。これでミニマグも生き返ったぞぉ。

これを使うキャンプが楽しみだなぁ。まだ関東地方は梅雨も明けていませんが・・・

« 食物連鎖の頂点 | トップページ | 新兵訓練所はつらいよ »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ

いいですねぇ・・・明るいの
これってマグ社の新開発品じゃないの3ボルトLED、いわゆる電池2個タイプ、しかも単一電池を使用するLEDフラシュライトは3ワットだせるんですねぇ凄い(もちろん従来のクリプトン電球も可能だよ)
単一電池のものは春から出てましたがミニもあるんですねぇ知らなかった残念。
ところで電球色LEDってのもありますが(もちろん国産、この辺はまだまだ某国ではできないでしょう)、雪山にはよさげだわ

カルさん、こんばんは。

マグライト社の新製品で標準にて単三2本タイプのミニマグLEDってのが出ていますが、これはLEDを3ボルトで駆動しているのではなく、インテリジェントエネジーソースマネージメントという手法の回路を使って昇圧安定化させています。これがまたお高いのですよ。2AAタイプで6500円くらいします。

ボクの改造ライトの玉は多分1ワットクラスです。でもリフレクタまで換えのものが付いていて、オリジナルの操作系を残してくれるのでお気に入りの一品になりました。

雪山や雨天時は色温度が低めの電球色が良いと言います。ケルビン数まで変更できる懐中電灯が出来たら即買いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/15965974

この記事へのトラックバック一覧です: ミニマグ、LEDで復活:

« 食物連鎖の頂点 | トップページ | 新兵訓練所はつらいよ »