« 捨てる神あれば拾う神あり | トップページ | 少し画像が大きくなります »

2007年8月24日 (金)

36年後の再会、D51 401

どうも気になっていたことがあったのです。

D51_401now この夏、家族で訪れた長野県須坂市にある須坂市動物園。その敷地内に展示してあったD51型蒸気機関車の401号機だが、どこかで見たんじゃないかというおぼろげな記憶が、どうしてもぬぐい去ることができなかったのであります。
そうなるとどうも気持ちが悪い。思いついたらなんとやらで、ともかくもう一度現存する手持ちの写真を片っ端から調べていってみようとパラパラとアルバムをめくっていったのです。すると・・・

D51_401past ありました、やっぱり401号機とは会っていたのです。右の画像をご覧いただきたい。木曽福島駅構内に進入する上の画像と同じデゴイチ401。重連の先頭機関車として威風堂々のいでたちだ。すでに絶気(蒸気を止めること)をしているようで木曽福島駅に停車する列車なのだろう。構内に架線工事が行われていないところをみると、昭和45年から46年あたりの頃ではないかと思う。いまから36年~37年も前のことだ。

いやぁ嬉しいですねぇ。36年もの時を挟んで再会できるとはなんという運命のいたずらでしょうか。もうお湯を沸かし煙を上げて走ることもない機関車だけど、これからもずっとそのたくましい鋼鉄の姿を留め、鉄ちゃんや子供達に夢を与え続けてほしいです。

ちょっと感動おじさんモードのFibyでした。

« 捨てる神あれば拾う神あり | トップページ | 少し画像が大きくなります »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/16225858

この記事へのトラックバック一覧です: 36年後の再会、D51 401:

« 捨てる神あれば拾う神あり | トップページ | 少し画像が大きくなります »