« おぶっこ(長野編) | トップページ | アルプス仕込みの合鴨(長野編) »

2007年8月11日 (土)

動物園とD51(長野編)

家族サービスといえばまぁ動物園というのが無難なところ。特に今回はミーハーなカミサンや娘に合わせて長野県須坂市にある須坂市動物園を訪れた。ここはTV番組で有名になったサンドバッグをするオヤジ顔のカンガルーがいるところだ。役所が運営しているので入園料200円ってのも嬉しいところ。

Hatch さっそくお目当てのカンガルー舎へ。おぉ、ふてぶてしい顔をしたカンガルー(ハッチくん)がかったるそうに寝ころんでいるぞ。横にいる奥さんのクララ嬢に、「あんた、お客さんが多いんだからサービスしてサンドバックでもやりなさいよ」とか言われているようだがハッチくんは我関せずのポーズ。
Clala このクララ嬢、じつは現在子育ての真っ最中のようでお腹から時折ベビーが顔を出す。これがまたきゃわいいのですよ。有袋類の子供は親指くらいのサイズで産み落とされたあと、自分で母親の袋に潜り込んで勝手に乳を飲んで育つという。我がカミサンは生みの苦しみのないその安産にうらやましいとため息をついておりました。男にはよく分かりませんです (^^;)

この動物園の構内には引退した蒸気機関車が展示されていた。その昔中央西線で活躍したD51型の401号機だ。大井川鉄道などで蒸気機関車は動く状態で保存されてはいるが、やはり幹線亜幹線用の大型機関車は迫力がある。説明看板を読むと木曽福島機関区で中央西線電化まで活躍したとある。ここでぴぃ~んときた。はるか昔、わたくしが鉄ちゃんだったころに木曽福島機関区で撮影したD51がこいつではなかったかと記憶が呼びかけていた。お家に帰り早速古いアルバムをひっぱり出して確認すると・・・残念、775号機でした。ちなみに775号機は調べると木曽福島駅構内に保存されているらしい。今度会いに行きたいものだ。
小僧の頃のことなのですでにネガフィルムもなく記録もないのだが、撮影は恐らく全線電化される昭和48年の少し前、昭和47年くらいだと思う。もう構内には電化用の架線柱があちらこちらに立っている様子からしてそんなところだろう。もうかれこれ35年程前の話になる。

D51wD51401D51775
印画紙からスキャンを取ったついでにもう一枚。これも中央西線贄川(にえかわ)駅近くの旧第一奈良井川鉄橋を走るD51重連の勇姿。季節は真夏だと思う。この鉄橋はすでに新線に切り替えられて廃止されているらしい。もうこの美しいアンダートラス橋に列車が走ることはない。

一枚の白黒写真からさまざまな思い出がよみがえってくる。動物園と蒸気機関車というなんら関連のないように見える展示も、私にとっては思い出をさぐるきっかけを与えてくれた貴重なフラッシュバックでありました。

« おぶっこ(長野編) | トップページ | アルプス仕込みの合鴨(長野編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

須坂市といえば嫁が18歳まで暮らしていた所でございます。

確か須坂市動物園は臥竜公園の中にあるんですよね
昔は龍ヶ池にハリボテの龍があったんですけど
今もあるのかな?

ちなみに私の家から一番近い飯田市動物園は入場料が
なんと無料です。

須坂市は奥様のふるさとだったのですね。
私は訪れたのは今回が初めてでしたが、郊外はすがすがしい感じの良い街だと思いました。須坂市内の長野電鉄には私の姓と同じ名の駅があって、なんだかルーツを見た感じがしましたよ。

今回は動物園が目当てであったので臥竜公園までは廻りきれませんでした。当日はカンガルーもばてるほどの暑さで、あまり炎天下で歩き回ろうとは思えない程のお天気だったのが残念なところです。

おぉ、飯田の動物園は無料ですか。行政ががんばっているのでしょうね。動物園も最近は北海道の旭山動物園の隆盛でなにかと注目を集めているようです。

いくつになっても、なんとなく動物園って惹かれるものがありますよね。実際お子さんや保護者の方々ばかりでなく、カップルやお年寄りまで客層は様々です。
私も実は隠れ動物園ファンだったりします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/16075458

この記事へのトラックバック一覧です: 動物園とD51(長野編):

« おぶっこ(長野編) | トップページ | アルプス仕込みの合鴨(長野編) »