« この鳥は? | トップページ | PS2の秘密回路 »

2007年8月 5日 (日)

飯ごう飯の醍醐味

家では滅多にキッチンに立たない私も、ソロキャンプでは自前で作らないことにはオマンマにありつけない。

そんなわけで簡単ではあるが必要にかられてご飯は作っている。飯は飯ごうで炊く。こんな飯ごう炊さん専門のサイトも世間様にはあったりする。炊き方はもとより失敗したときのリカバリーの方法、飯ごうの形の意味などのエピソードも読んでみると面白い。

その昔、まだインターネットなど一部の好事家のものであった頃のこと、主流であったテキストパソコン通信のキャンプ関連電子会議室では、定期的に飯ごう炊さんのうんちくが繰り返されていた。初心者が飯ごう飯がうまく炊けないので教えてと書き込むと、どわっとコメントが集まってくるのですよ。皆自分の飯炊き手法を持っていたのですね。

Asagohan 画像はとある夏の日の朝飯風景。缶詰がメインディッシュだが朝日もおいしいスパイスとなる。このアルミ飯ごうも使い続けてもう20年近くになるかな。アルミ製食器はアルツハイマーの原因になるとかならないとかとの話もあるが、この飯ごうだけは手放せないんですな。今でも適度にボケているので気にしない。ちょっとおこげが混ざったご飯は飯ごう飯の醍醐味だ。

この時期、山に行くなら涼しいところへ行きたいですなぁ。日差しが柔らかくなるまでちょっとキャンプはお休みです。

« この鳥は? | トップページ | PS2の秘密回路 »

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/16011792

この記事へのトラックバック一覧です: 飯ごう飯の醍醐味:

« この鳥は? | トップページ | PS2の秘密回路 »