« カナダガンリターンズ | トップページ | 横取りトンビ »

2007年9月23日 (日)

標的射撃のエネルギー消費

先日の射撃行で撃ってきたスラッグ弾は肩に来た。わずか4発だけだったが肩甲骨にずしんときて、数日は肩に余韻が残っておりました。

左の画像はそのタマ。鹿やイノシシ狩りに使う9粒弾も威力はかなりあるが、散弾銃なのに散弾しないで火薬の持つエネルギーを一粒に集約するスラッグはまた別格だ。激発時の反動もまた別格。肩をハンマーでたたいているような感じもある。4発撃ってごちそうさまって感じ。

真ん中の画像に写っている銃床をレストしているのは射撃行の前日に100均ショップで買ったクッションを縫い合わせて作ったもの。こんなものでもけっこう使い物になるんですな。

Slugload_2SlugshotSlug1_3

射撃はスポーツだと思う。オリンピックや国体の種目なんだからそもそもそうなのかもしれないが、終わるとどぉ~っと疲れが出る。体を踏ん張り、神経を最大限に集中させる標的射撃はエネルギー消費も少なくない。
でも終わるとやれやれってなもんでぐわっと食べてしまうからダイエットには不向きかもです (^_^;)

« カナダガンリターンズ | トップページ | 横取りトンビ »

標的射撃」カテゴリの記事

コメント

右の画像だけ大きくならないのは何故?
大きくなっても、顔はわからないと思うけど・・・気になる・・・

ども、チェリーさん。どうかお気になさらずに (^_^;)

恥ずかしいのでサムネイル表示のままで拡大表示しないように小細工してございます。
肩の痛みは4~5日残りました。上手い人はちゃんと反動を体を使って吸収させるとのことですので、これも下手くそな証拠となります。

肩をハンマーで叩かれる位の衝撃?
そんな事、好んでしたくないよ~

わたしってマゾなのかも・・・(*^_^*)

私だったら、骨が折れるかも?
絶対に出来ません。

スラッグ弾のあの衝撃ときたら... 泣けますねぇ(^^ゞ

猟期に入る前に1回はスラッグ弾を1箱50mで撃つように
してるんですけど、ホントにごめんなさいって感じです。

私は左撃ちなので肩にダメージを残しても車の運転中、
ウインカーが出しにくいって事がないんですよ。

意外なところで左射手の利点があるもんですね。

チェリーさん、
確かに女性には勧められませんな。撃ったとたんにひっくり返っちゃうかも。体をいじめるのが好きな人用って感じです。

七神さん、
そうですかシーズンイン前に10発は撃っておくのですね。けっこうきそうです。

七神さんはサウスポーなんだそうですが、左利き用の中古銃はけっこう安く出回っているのでその点はいいですね。自動銃なんかは左排莢の方がしっくりきませんか?
この射撃行に同行した友人も左利きで、エアライフルのチャージレバーを反対に付け替えたりけっこういじくってありましたよ。

ども

床尾上げすぎじゃない、鎖骨折っちゃうよ

弾はレミントンのブリネッキかな?、
ロットウェルのマグナム(39グラム)ってのあるけど強烈だよ

ども師匠。
銃床は狩猟銃なんであんなものかと。あれ以上肩付けを下げるとボクのほっぺでは頬付けができなくなってしまいます。いたしかゆしですね。

ご指摘のとおり弾はブリネッキ弾頭のレミントン狩猟用スラッグです。レミントンと言っても日本装弾製のミロク販売品なんですよね。直進性はとても良いですが値段も良いです。装薬量は書いてないですが35グラムの5号より明らかにガツンときます。

> ロットウェルのマグナム(39グラム)ってのあるけど強烈だよ

ボクだったら一発でごめんなさいです (^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/16542241

この記事へのトラックバック一覧です: 標的射撃のエネルギー消費:

« カナダガンリターンズ | トップページ | 横取りトンビ »