« さらば夏の日 | トップページ | 父はなくとも子は育つ(鴨編) »

2007年9月 1日 (土)

TVドラマ「裸の大将」復活

私事で恐縮です。ってブログネタはほとんど全部私事なんですけどもね (^^ゞ

え~、テレビドラマと名の付く番組は総じてかっらっきしダメなわたくしですが、自分の感性にやたらマッチしてしまういくらかの番組だけは別なんです。

Omusubi_2山下清画伯の半生を綴ったテレビドラマ「裸の大将」シリーズ。もうこれ大好きなんです。芦屋鴈之助が演じる山下画伯がベストマッチでもう過去は毎回欠かさず観ておりました。その鴈之助がもう年だからと裸の大将の主演を引退してはや10年。鴈之助が亡くなってかれこれ3年が過ぎております。
それがっ、なななんと本日9月1日夜、関東地区ではフジテレビ系で新たなキャストで放送されることになったのでありまする。(未放送地区の方、ごめんなさい)

大人げなくうれしいですね。実はわたくし今から20ン年前、友人と行った学生時代最後の旅行で、偶然に泊まった長野県某所の民宿が山下画伯が投宿した宿だったのです。欄間には山下画伯と地元の人々が一緒に写った古い白黒写真が誇らしげに掲げてありました。その姿は半ズボンにランニングシャツ・・・ではなくちゃんとしたジャケットにズボン姿で、粋なベレー帽をかぶって難しそうな顔をしていたのを記憶しております。まぁドラマはドラマですからね史実とは違っていてもしかたはないです。

小林亜星作曲の「野に咲く花のように」というテーマソングも懐かしい。このエンディングが流れるとほろっときてしまうんですよね。

さぁ「おにぎり」を用意して今晩は見逃せませんぞぉ。

« さらば夏の日 | トップページ | 父はなくとも子は育つ(鴨編) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

@niftyトップページ「旬の話題ブログ」コーナーにて、
本ページの記事を紹介させて頂きました。
紹介記事については、「旬の話題ブログ」バックナンバーで
半年間、ご覧いただけます。
今後も旬な話題の記事を楽しみにしておりますので、
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

えっとですね。紹介していただくのには異存はありません。しかし紹介のタイトルがいただけませんな。

「待望の!!今夜解禁~遂にあの人が裸体で登場」

ニュアンス的にはわからなくもありませんが、記事の内容からはまったく逸脱したものです。ブログ記事のタイトルにも本文にもそのような語句はありませんので、ピックアップして紹介をしてくれたスタッフの方が作ったものでしょう。

@nifty「旬の話題ブログ」へ見に行ってまさにびっくりしました。ご紹介いただくのはありがたいですが、もう少し配慮をいただきたいですな。

貴重なコメントをありがとうございます。
紹介タイトルにつきましては、
より多くの方に興味を持っていただくため、
スタッフが思考を凝らして独自のタイトルをつけて紹介しております。
しかしながら、今回、記事の内容からはまったく逸脱したタイトル、
という御意見を受け、バックナンバーのタイトルを変更させていただきました。
大変失礼いたしましたことをお詫び申し上げます。
以後、記事の内容を逸脱しない範囲で、楽しいタイトルをつけて
いくようスタッフ一同、十分気を配っていきたいと思います。
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

へー すごーい! さすが!

@niftyのトップページに・・・・・・・・・と読んでゆくうちに、あのタイトルが付いていたんですか、(* ̄m ̄) ププッ
失礼ですよね、アダルトじゃないんですからね、(* ̄m ̄) ププッ

テレビドラマ、私も楽しく見ましたよ。
山下画伯と同じ宿に泊まったなんて、すごいですね。
画伯の貼り絵などはありませんでしたか。
もしかして、そこは別所温泉だったりして・・・・

早速にNiftyスタッフの方よりコメントをいただき恐縮です。タイトル変更をして下さったようで対応ありがとうございます。
一般公開しているブログを多くの方に周知していただくのは悪い気は致しません。私は若干の不快感があることを表明しましたが抗議しているわけではありませんのでその辺はご理解ください。

「旬の話題ブログ」で紹介いただいた後、当ブログのアクセス数が6倍~7倍に跳ね上がりました。しかしながら例のタイトルを見てこちらへ来られた方々の期待をことごとく裏切ってしまったことは容易に想像できます。「釣り」タイトルだとお感じになった方もいるでしょうね。

もう過ぎてしまったことですのでとやかく言いませんが、ぜひこれを前例となされて、今後は節度のあるインパクトを備えたタイトルをお考えになりますようお願いします。
またわたくし自身も衆目に恥じないブログ記事を今後も心掛けていきたいと存じます。

重ね重ね迅速なご対応に感謝いたします。

ミーさん、こんばんは。

紹介文にはびっくりしましたが、紹介後アクセス数がドカンと増えたのにも驚きました。確かに意味深でインパクトのあるタイトルを見てしまうとついクリックしてみたくなってしまいますよね。

ミーさんもTVはご覧になりましたか。いやぁ塚地くんがよくもまぁあれだけ鴈之助の演技を引き継ぐことができるものだと感心しました。たぶん相当勉強したんでしょうね。

くだんの民宿には山下画伯の作品はありませんでしたよ。なんでも旅先で色付きの絵を描いたりちぎり絵を作ったりというのはドラマの中だけのことらしく、実際は旅をして頭に記憶したものを施設の八幡学園に戻ってから形にしたっていうのが真相らしいです。

泊まったのは別所温泉ではありませんが上田市に近かったと記憶していますので別所からそう遠くないところです。山下画伯は実際に別所温泉に来ていたのかもしれませんね。

貴重なご意見と温かいご対応に
スタッフ一同、心から感謝しております。
今後も旬な話題の記事を楽しみにしておりますので、
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
重ね重ね、ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/16308345

この記事へのトラックバック一覧です: TVドラマ「裸の大将」復活:

« さらば夏の日 | トップページ | 父はなくとも子は育つ(鴨編) »