« 多国籍キャンプ | トップページ | 売虎万世代・再々度 »

2007年10月16日 (火)

多国籍キャンプ(鴨燻編)

キャンプと言えばやっぱり飯ですね。
今回の多国籍キャンプではお国自慢の食材が目白押し。なんだか夜中まで食べて飲んでみたいな流れになってしまった。体重増を気にしなければこんなに楽しいキャンプはないんですな。Kamoniku1_2 Kamoniku2Kamoniku3

日本国の選手としてはちょっと気合いを入れて、酒のつまみに燻製など提供しようと考えた。冷凍してあったカルガモ2羽を軽いソミュール液に数日浸けてから持参。まずは炭火で水分飛ばしをする。自宅でやるとめんどいこんな作業も、キャンKunseikiプしながらやると楽しいんですよね。程良く水分が飛んだところで、さらにクルミのウッドで煙燻する。川沿いの古い切り株に燻製器を乗せると結構絵になりますな。
で、出来上がりは・・・野生鴨肉のクサミは抜けていい感じだったが、ちょっと塩気が効きすぎたかな。たいした塩水でなかったので塩抜きの水洗いをしなかったのは敗因かも。とりあえず全部はけたのは助かった。

ひとつ教わったのは、モヤシの味噌汁にチーズを乗せるとこれがすばらしい珍味になるから不思議。実は今回参加者の奥さんが、某マンCheesemiso ガ誌の「クッキングパパ」とかいう作品に読者投稿して採用されたというお墨付きのお料理だったりする。なんでもチーズを乗せる味噌汁の具はモヤシだけでないといけないのだという。画像では余ったキャベツやニンジンなども入っているのだが、これはいかんとのこと。でもこのいかんバージョンでもけっこう美味しかったのですよ。どうか皆さんお試しあれ。

うぅ、帰ってきたらズボンのベルトの穴が一個ずれたぞ。今週は節制しなきゃ・・・

« 多国籍キャンプ | トップページ | 売虎万世代・再々度 »

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ fibyさん

小川のそばで楽しそうなキャンプ風景、美味しそうな臭いが漂ってきそう・・・(* ̄▽ ̄*)
この燻製器はfibyさんのなのですね、私も買おうかな・・・

もやしの味噌汁にチーズですか、どんな味になるのでしょう、今度やってみます。
チーズの種類は何でも良いのかな

ミーさん、こんばんは。
いやぁ、なかなか楽しいキャンプでした。たまにはグループでキャンプもいいものですね。

この燻製器はもう10年近く使っているかというくらいのものです。ご覧のとおり煙薫ウッドのヤニでばっちく見えますが、これがコクの元なのだと使い続けています。コンパクトで機密性が高く煙が長持ちするすぐれものなのですが、今はメーカーのHPから消えていますので生産完了のようです。
ボクのは¥1980ですが、その程度の値段で各種出ていますのでホームセンターなどでご覧になって下さいね。

もやしの味噌汁に入れるチーズはとろけるチーズがいいらしいですが、普通のプロセスチーズでもすぐに溶けてしまうので大丈夫とのこと。あらかじめ入れておくのではなく、お椀に盛ってからチーズを乗せるのでお気に召さずに失敗しても一杯で済むので安心です。
ほんとに美味しかったです。ぜひお試しください。

Fibyさん、こんにちは!

早速、今朝、もやしの味噌汁にとろけるチーズを入れてみました。
娘は最初、え~~~~~~~~っ?実験は自分でしてよ~!と不味い味を想像していたようですが、意外と大丈夫みたいだったので、私もやって見ました。娘は、私のお毒見役か?

初めてだから、控えめにいれたので、さほど味が違うようにも思えませんでした。今度はもっと多めに入れてみます。

チェリーさん、こんばんは。

おぉ、さっそくお試しいただきましたか。味噌汁とチーズなんて絶対ミスマッチに見えますよね。ところが意外に合うんですよ。

> 初めてだから控えめにいれたのでさほど味が違うようにも思えませんでした。

ここが味噌、いやミソなんです。チーズはとろけても味噌汁と混ざることがないので、汁の味は変わらないんですよね。とろけたチーズはモヤシにからめるとなかなかオツな味になるんです。次回は景気良く入れてみて下さい。きっと違う印象になるでしょう。

娘さんはチェリーさんのお毒見役なんですね。我が家ではもっぱら父ちゃんがその役目を仰せつかっています。

Fibyさん、こんにちは!

今日は、レシピ通り(って程でもないか・・・)お椀の底にチーズを敷いてからモヤシの味噌汁を入れてみました。
先日とは全く違って、おいしかったです。(^_^)
これはいいですね。
自分だけ出来るし・・・ね。

おぉ、正統派のスタイルでいきましたね。教えてくれた友人は、お椀の底にスライスチーズを敷くとチーズが椀にこびりついていやだと言って上乗せを勧めていました。発案者の奥さんとその旦那とでは意見が異なるようです。

まぁどっちにせよ、意外なマッチングに驚きます。世の中には色々なことを考える人がいるものですねぇ。


確かに、お椀の底にこびりつきましたが、味はこちらの方が良かったです。
私は、底敷き派です。(^_^)

今思いつきました。底敷きして味噌汁を注ぎ、その上からまたチーズでフタをすると面白いかも (^^;)

おしっ、今度やってみよう。

最初した時は、底にこびりついたのですが、2度目はそうでもなかったので、底敷きでもこびりつかない方法があると思います。
お汁を少し入れてからチーズを敷くとか・・・・
Fiby流サンド派とか・・・・
研究の余地がありますね。(^O^)

なるほどね、少し味噌汁を入れてからチーズを敷くと、汁になじんでこびりつかなくなるのかもですね。
味噌汁に入れて違和感がないもの、例えば「おふ」などをチーズでロールして縦に突っ込むとか色々バリエーションもありそうです。

洋風スープではチーズを入れるのはなんでもないので、日本の「味噌スープ」に入っていてもおかしくないですものね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/16779741

この記事へのトラックバック一覧です: 多国籍キャンプ(鴨燻編):

« 多国籍キャンプ | トップページ | 売虎万世代・再々度 »