« 飛んでる鴨を写撃っ | トップページ | ハロウィンかぼちゃは男のロマン »

2007年10月24日 (水)

鴨も腹減りゃ餌を追う

鴨に餌をくれてやっていると色々なことが分かってくる。
Kamos まず、人間様からエサをもらうことに抵抗がない鴨とそうでない鴨。食い意地の張った鴨とそうでない鴨がいるようだ。人間の撒くエサにあまり寄ってこないのはカルガモだ。カルは渡りをしない土着の鴨なので餌場を心得ていて食べ物にあまり不自由していないのかもしれない。カルはどの個体もまるまると太って見える。
撒いたエサを追う気合いが違うのがオナガガモ。よっぽど腹を空かしているのかエサに突進する素早さが違う。渡りでエネルギーを使いすぎて補給しないといけないのかもですね。

そのエサだが、色々撒いてみて鴨の好む順に以下の結果となった。
① パンくず
② ビスケット類
③ ハムスターフード
× おふ

小麦粉系のポイントが高い。パンくずは白くて視認性が高いのでかなり喜んで追い回す。ビスケット系も好きなようだ。ただ添加物が多いのでパンの方が鴨向きかな。ハムスターフードは我が家に余っていたものを投げてみたが、臭いがいいのかこれもそこそこ追っていた。不人気だったのが「おふ」。これは最初のひとつつきで後は見向きをしなくなってしまった。やはり味がないものはいやなのかな。底からコイが上がってきて代わりに食べてくれるのでこれは安心。くず野菜なども試そうかと思ったが、残って水面を汚してはいけないと思い控えた。

Counter1_2 野生動物に対する餌付けは物議をかもすところだが、鴨類にエサを上げてもあまりやり玉にあがることはない。まぁ鴨を餌付けしてもゴミ置き場のゴミをあさったり、畑の野菜をつついたりと言うことは聞いた試しがないので問題はないのでしょうな。エサ目当てでも集まってくれるのはかわいいものだ。100均ショップでハンドカウンターを買ってきたので日本野鳥の会みたいにそれっぽく個体カウント調査。あまりにも多いので終いには飽きてしまった (^^;)

いっぱいいるんだから、ほんの少しでいいので銃猟禁止区域外へ遊びにきてほしいなぁ・・・

« 飛んでる鴨を写撃っ | トップページ | ハロウィンかぼちゃは男のロマン »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/16862287

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨も腹減りゃ餌を追う:

« 飛んでる鴨を写撃っ | トップページ | ハロウィンかぼちゃは男のロマン »