« 謹賀新年 | トップページ | 草津熱帯圏 »

2008年1月 2日 (水)

箱根駅伝2008

正月二日のお楽しみ。わたくし的には、もうなんといっても箱根駅伝であります。

日本三大駅伝の一角である出雲駅伝や全日本大学駅伝などはまったく興味がなく、駅伝といったらもうこれしかない。私自身陸上競技をたしなむわけでもなく、駅伝に関してはただ観て応援するだけだが、なぜかこれを観ないと一年が始まらないくらいの思い入れだけは持っておりまする。

いままで沿道の応援では大手町往路スタート点、平塚中継点、芦ノ湖復路スタート点などあちこち行ってみたが、どこも盛り上がりはすごい。今年、我が母校は予選会を勝ち抜くことができずに一名だけ関東学連選抜の一員として出場する。もちろん選手には応援するのだが、チームとしては義理でもって娘の学校を応援することとした。母校のチームが出られないのなら要するに応援先はどこでもよいのだ。ということで学校から父兄宛に郵送されてきたチラシにあった神奈川県藤沢市の応援ポイント(往路3区)へ駅伝応援グッズ(携帯ラジオ、カメラ、脚立、箱根駅伝タオル)を持って駆け付けたのであります。

Daikon現場では大学関係者が名物の大根を配っていた。この大根を振って応援してくれという。なかなか粋な計らいではないか。これこれおばさん、紙袋に入れて応援前に持って帰っちゃだめよ (^^;)

Toprunner 先頭のランナーが駆け抜ける。3区のトップランナー、山梨学院大の田中選手だ。最終的に4区までトップを維持した山梨学院大は山登りの5区で早稲田大、駒沢大に抜かれて往路3位となったが健闘した。
Noudai さぁ緑のパンツ、東京農大の横山選手が現れた。大根が元気よく振り回されている。東農大は戸塚中継点までは8位といいところをキープしていたが3区では14位まで順位を落としてしまった。往路ゴールの芦ノ湖へは18位でゴールイン。今回は4年ぶりの本戦出場。がんばったと思う。

往路では最終の5区でドラマがあった。昨年の総合優勝校だった順天堂大、小野選手がゴールまであと500mを残して脱水症状により無念のリタイヤ。低血糖症を併発して足が言うことを効かなくなってもなおゴールを目指そうとするその姿に箱根の重みを感じてしまった。

さて明日3日は復路。三位までの上位校はタイムが拮抗している。復路も目が離せませんですぞぉ。

« 謹賀新年 | トップページ | 草津熱帯圏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/17557438

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝2008:

« 謹賀新年 | トップページ | 草津熱帯圏 »