« 鹿毛皮制作・いんちきなめし作業編 | トップページ | ヒヨドリさん、ありがたう »

2008年1月28日 (月)

リスの尻尾、小細工中その2

さて、大物である鹿毛皮の加工も進んできているが小物も忘れてはならない。そうタイワンリスの尻尾であります。

Minkoil 乾燥させると日にちが経つにつれて硬化してしまう尻尾だが、ミンクオイルで加脂すると良さそうみたいな情報を目にした。これが実家で見つけたミンクオイル。ただしこれはロウを混ぜて固形物にしてあるので、尻尾の内側に塗り込むわけにもいかないのが困ったところだ。加熱すれば溶けるのだが冷めるとまたロウが固まってしまうので案配が悪い。

Risushippo そこで鹿毛皮を作るときに塗り込んだ怪しげな加脂溶液の残りを使ってみる。みょうばん液から上げた尻尾を水洗いせずに水気だけ拭き取り、例によって竹串を使って加脂溶液を塗り込む。今回乾燥が始まる前に塗り込んだのだが、こっちの方が良さそうだ。

陰干しして様子をみる。うまくいったら量産を・・・ってできまへん (^^;)

« 鹿毛皮制作・いんちきなめし作業編 | トップページ | ヒヨドリさん、ありがたう »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/17876614

この記事へのトラックバック一覧です: リスの尻尾、小細工中その2:

« 鹿毛皮制作・いんちきなめし作業編 | トップページ | ヒヨドリさん、ありがたう »