« ブルーバードSSSターボS | トップページ | 鹿毛皮制作・いんちきなめし作業編 »

2008年1月26日 (土)

ヒヨドリ食べよう

もう高望みはいたしません。
鴨もキジも欲しがりません。鳥はキジバトとヒヨドリが獲れればいいです・・・とすでに敗北宣言。今猟期はダメですほんと。状況に応じ背伸びせずに分相応を考える。少しでも得るものがあるならそれは来期への糧となる。そんな風に割り切りました。

Hiyohiyo3_2 オフシーズンに入念にスコープ調整をして、ミルドットスコープの照準補正データを取っておいたおかげでエアの50mを越える遠射がよく当たる感じがする。朝寝坊しておっとり刀で獲りに行ったヒヨドリ。65m先にある監視木によくやって来るので6羽ほど頂く。こやつらは塩焼きだぁ。

これくらいの射程で獲るとヒヨとはいえちょっと嬉しい。さすがにこのサイズを長射程で当てるのは楽ではないけど、これだけ離れているとヒヨ側はまったくこちらを意識しないのでじっくり狙えるのはいいところ。

焼き鳥のためにがんばるであります。

« ブルーバードSSSターボS | トップページ | 鹿毛皮制作・いんちきなめし作業編 »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

ハトとヒヨドリも立派な獲物ですよFibyさん
こちらでは今期11羽キジを放鳥したのに未だ1羽も
見かけていません。他の猟師仲間が獲ったって話も
聞いてないのに・・・。キツネかハクビシンにでも
やられてしまったかもしれませんね。

それにしても65mも離れた所からだなんてサスガです。
その腕があれば焼き鳥の在庫は確保できそうですね。

七神さん、こんばんは。

> ハトとヒヨドリも立派な獲物ですよFibyさん
はぃい、おっしゃるとおりです。ボクにとってはもう唯一無二の獲物ですので大切に食べております。
予算の関係で今期二種登録しかしておりませんので、鳥さんだけがボクのお相手です。あっ、タイワンリスもいたか・・・(^^;)

> こちらでは今期11羽キジを放鳥したのに未だ1羽も見かけていません。
ご苦労をされて放鳥し、種の増加に配慮されていることは存じ上げております。なかなか現れないようですがあのような大型鳥でも生存していくのは難しいのでしょうかねぇ。

> それにしても65mも離れた所からだなんてサスガです。
ありがとうございます。エアがダメなら火薬でとかいうわけにもいかないので、ともかく狙ったら絶対当ててやるぞくらいの執念でやっております。このエアライフルも2シーズン目なのですが、やっと特性が分かってきて、ほぼ思ったところに着弾できるようになってきました。

60m以上離れていると、ヒヨだったらアッカンベーしてもおしりペンペンしてもまったく意に介す感じがありません。こんなところまで鉛玉が飛んでくるとは予想だにしていないんでしょうね。
じっくり狙えるので狙撃の心髄を味わえてけっこう楽しいです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/17854714

この記事へのトラックバック一覧です: ヒヨドリ食べよう:

« ブルーバードSSSターボS | トップページ | 鹿毛皮制作・いんちきなめし作業編 »