« 冬のパステル富士 | トップページ | メジロにウグイス »

2008年2月14日 (木)

狩猟の終了の終猟2008

いよいよ当地における本年度の狩猟期間が2月15日で終わる。
Risukijibato 三ヶ月間のお楽しみだったが私は一足お先に終猟とした。最後の獲物はキジバト、ヒヨドリ、タイワンリス。このキジバトのうち一羽は、レンジファインダー読みで78mの射程で当たったもので今シーズンのレコードとなった。遠射の獲物は嬉しいものだ。私のシーズンはこの程度で終わってしまったが、まぁ分相応というところだろう。次の猟期まで食べ繋ぐほどの在庫はないが、ちびちびと食べていこうと思う。オフシーズンの工作用にタイワンリスが捕れたのは良かったかな。

Ki このタイワンリス、なんだか最近増えているように感じてならない。画像はタイワンリスに樹皮をかじられた木。こんなようにガリガリやられたら雑木林もたまったものではない。今回は3頭だけど少しは地元に貢献できたかな。

三ヶ月間無事故で終わることができた。山々と自然の恵みに感謝します。そんなわけで狩猟は11月15日まで冬眠です。

« 冬のパステル富士 | トップページ | メジロにウグイス »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

Fibyさんこんばんわ。
78m。やりますね~!!
私もこの3連休が最後と思い、三姉妹の一番下を連れて行って来ました。ウサギ3羽他色々でした。いつもは木に吊るして捌くウサギも、この日ばかりは娘に足を持たせて捌きました。
ウサギの背肉の刺身は最高です。他の部位は「いり煮」で美味しく頂きました。

しかし、今日朝10時にいつもの無線では無く、携帯電話から連絡が有りました。「マガモが居るから早く来てくれ!」最後の猟が終わったと思って居たにも関わらず、しかも仕事中に!ったく!!!。海が荒れ、雪で居場所が殆ど無い鴨がどこに居るか位よく分かっているのですが・・・。(行きたくない)(今頃のマガモは油が無い)
自宅近くを走っていた私は、会社の車で自宅へ戻り、散弾銃を持って現場へ行きました。その間約15分。ネクタイ、スーツ、皮靴姿で3発で4羽確保しました。1羽頂いて3羽ニジマス養殖のじいさんに置いて来ました。

狩猟期間が終わると、ウサギ、カル鴨、カラス、熊、猿、と又11月15日まで有害鳥獣駆除、予察駆除が絶えません。


   <<「自然の恵みに感謝します。」

Fibyさん、とても良いお言葉ですね。すごく共感致します。


花の五六八さん、こんばんは。
鳥を剥いてリスの皮剥と骨抜き、なめし液浸けをしてやっと終わりました。ボクの場合は獲物の絶対数が少ないのでヒヨ一羽、キジバト一羽と言えども無駄にはできません (^^;)

今回78mが最後に当たったのはともかく嬉しいです。最近ガク引きのクセが直ってきたので遠射が楽しく感じています。
野ウサギですかぁ。早朝のミカン畑で一度だけ出会ったことがあります。鉄砲構える前に文字通り脱兎のごとくすっ飛んで行ってしまいましたが・・・ウサギは鶏肉のように淡泊で美味しいそうですね。タイワンリスはちょっとクサミが強くて、食べられなくはないですが食用向けではないですね。

鴨は雪が深くて荒れて居るときには田んぼや畑に出るようですね。当地も今月初頭に珍しく大雪がありまして行きたかったのですが、タイヤが夏タイヤなのでどうにも動けませんでした。マガモを3発で4羽なんていい効率ですね。スーツ姿で回収も大変そう・・・やっぱタモ網か釣り竿ですかね。

当地では駆除要請の絶対数が少なく、猟友会のベテラン皆さんで分けてしまいますので新米の出ていく幕はないです。猟期が終われば次の解禁まで素直に冬眠です。
在庫をちびちび食べながら思い出に浸りますです。

Fibyさんこんばんわ。
私と同じブシュネルの距離計を使っているんですね!
メートル表示とヤードの切替ボタンと<150の切替が付いていました。

何と空気銃の弾も私と同じくFXを使っているのですね!
私はこの弾に薬品処理をして、尻の部分が均一で歪みの無い物だけを選んで使っています。ただこの弾は命中精度は良いのですが、貫通力が有り過ぎて半矢になりやすい様な気がします。

鴨は雪が深くなると、田んぼに居る事は無いですよ。まして畑に鴨は見たことも有りません。風が台風並に強く、海が荒れ、雪が深い時、鴨は水の有る特定な地形の場所に居ます。
回収は私に電話を掛けて来た人が責任を持って胴付きを履いて行いましたよ!!(私は撃つだけでした)

私達の地域では有害鳥獣駆除は、基本的に全員に出しています。
ただ、檻を使う熊だけは、必ず支部長か私の名前で行います。他3名をメンバーに入れています。

小さくても良いから在庫を保存する-60度程度の冷凍庫が欲しいんですが・・・!!

花の五六八さん、こんばんは。

ブッシュネルのレーザーレンジファインダーはエア単独猟の強い味方です。まだ距離目測の甘い私は、これと弾道曲線の換算表を首からぶら下げていないと猟果もおぼつきません。
花の五六八さんもFX弾でしたか。ボクも過去色々なペレットを使ってみましたがFX弾がやはり安定していますね。ペレットルブみたいな油は付けてはいないのですが、一応弾入れに移すときに選別はしています。バラクーダなどの重量弾も良い感じでしたが、弾道曲線を覚えきれなかったので4.5も5.5もFX一本で行くように現在はしています。

鴨は回収班がちゃんといたのですね。分業が出来ているってなんだかうらやましいです。

-60度の冷凍庫ですかぁ。商売用でも-50度以下まで冷やせるものは少ないと聞きますが、ここまで冷やせれば長期保存ができそうですね。
ボクの獲物ストッカーは昨年に比べてさみしいですが、殺生をして手に入れたものですので、しっかりと食べて供養してやろうと思いますです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/40122712

この記事へのトラックバック一覧です: 狩猟の終了の終猟2008:

« 冬のパステル富士 | トップページ | メジロにウグイス »