« すごいぞハイビジョンテレビ | トップページ | 鳥目線のユリカモメ »

2008年2月18日 (月)

トンビにせんべいさらわれる

猟期も終わって一段落。鴨たちは元気にしているかなと週末、近所の鴨池まで見に行ってみた。
ここは季節ごとに主役が入れ替わっておもしろい。今は海鴨である白黒カラーのキンクロハジロの天下。どれも首を畳んで眠たそうだ。少なくなってはいたがオナガガモもいる。人間の顔を見て寄ってくるのはこのオナガガモが多い。ちょっとアップで撮ってみた。なかなかきれいな羽模様を持っている。鴨もオスメス並んでいると仲むつまじく見えますな。

KinkuroOnaga0001Onaga20001

三脚のカメラを覗きながらせんべいをかじっていたらトンビに手のひらから強奪されそうになった。油断も隙もあったものではない。この野郎と投げつけると空中でキャッチする。距離と自分の飛行速度、せんべいの描く放物線を瞬時に計算して足でキャッチする能力はさすがと思う。この目測技術は人間様も見習うべき点がありますな。

Tombi0001_1 池に落としたせんべいもちゃんと拾う。トンビもあれだけの体を維持するには一日にそれなりの餌をとらないとだめなのだろう。のんきな名前がついてはいるがトンビもタカ科の猛禽類ですからね。

教訓、トンビが舞うところではせんべは持つな・・・(^。^)

« すごいぞハイビジョンテレビ | トップページ | 鳥目線のユリカモメ »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

そっかぁ~
お煎餅を持っていればトンビが寄ってくるんですね。
でも、怖~~~~~~い!(^_^;)

ところで、この写真を撮るために、お煎餅は何枚必要だったのでしょう?(^_-) 


今度鳥を撮りに行く時は、お煎餅持参しなくっちゃ!φ(..)メモメモ

チェリーさん、こんばんは。
トンビは雑食なんで、せんべいだけでなく食べ物ならほぼ何でもオッケーみたいな感じはありますよね。
まだ子供が小さい頃、お弁当持って海岸へピクニックへ行った時、娘が手に持った鳥の唐揚げをトンビにかすめ取られたのですが、そのとき、ツメで怪我をさせられてしまったことがあります。

人間の手から食べ物を奪い取るトンビにも上手下手があるようで、運が悪いと怪我の危険もありますね。

鴨はあまり餌をあげない方がいいみたいなので、今回は人間様のおやつだけ持って行きました。トンビと遊んだのがせんべい4~5枚かなぁ。距離目測が苦手でレーザーレンジファインダーに頼るわたくしにとって、トンビ師匠のあざやかな横取りぶりには感心することしきりでした。

Fibyさんこんばんわ。
猛禽類も怖いですが、カラスはもっと知恵が働き怖いですよ。
ただ、目測技術は確かに奴らの方が一枚も二枚も上ですね!!
山で斜面の角度が違っただけで人間は距離を間違ってしまう。
それも、たった三百メートル位で簡単に間違う。情けない・・・。

データ整理は頭のファイル名を揃えて格ドライブに振分けました。
それでも、一杯なので今日500ギガのHDを買って来ました。17,800円でした。しかし、安く成りましたね。

鴨の写真とても綺麗ですね。
同じ日に取ったと思えない様な光です。
左から2番目が良いです。空を写す水の紋様の中で、光を浴びる鴨。シャッター速度、被写界深度、目線の先の空間、共に申し分有りません。ただ、3番目の写真がとても残念です。同じ時間帯に取られた写真だと思いますが、もっと良い瞬間が有ったはずです。この2羽の鴨の目線を考えると、もっと様々な表現を広げる事が出来ると思います。

花の五六八さん、こんばんは。
トンビの勘ってすごいと思います。食べ物に対する執着もあるのでしょうが、瞬時に頭で計算して確実にキャッチするあの能力は特筆物です。

ライフルで数百メートル単位を射程にしていると目測はもっと難しくなるでしょうね。ボクなんか50m前後でも怪しいです。
写真のご評価をいただき恐縮です。キンクロの写真はオナガを撮ったところから90度ずれた位置から撮影していますので光線具合が違います。オナガのときはちょうど日も差して良いタイミングでした。

> 同じ時間帯に取られた写真だと思いますが、もっと良い瞬間が有ったはずです。

デジカメのメリットを使ってこの時は短時間で50カットほど撮ってきました。もう少し粘ればいくらかましな写真が撮れたかもしれません。トンビの写真など「日の丸写真」そのものですよね。
せっせと精進したいと思います。

ところで風邪ひいちまいました。鳥インフルではないとは思うのですが・・・(^^;)

>トンビの写真など「日の丸写真」そのものですよね。
それは違います。本当に見せたい物を表現する時は場合によって「日の丸写真」の方が力が有ります。
水飛沫、鳥、その鳥の影などトリミングをもっと的確に・・・。
鳥と飛沫そして鳥の影が主題。よけいな上と左右の空間、そして光の弱さが有り過ぎます。

風邪は万病のもと!早く直して下さいね。
大切なジジババ、そして家族のためにも。


おー見事な{I}パターンですねぇ(一枚目)
以前、鬼怒川で鳥屋猟やってたころ、デコイのセットに悩んだもんです。
今日はIパターンとか、いやCパターンで行こうとかね(笑)

花の五六八さん、こんばんは。ご心配ありがとうございます。
どうも風邪が良くないです。お医者さんでインフルエンザの検査はやってもらって、鼻の穴に棒を突っ込まれて鼻水の検査をしてもらった結果は陰性でした。とりあえず鳥インフルではないということで一安心です。でも体がだるいです。
もともとが怠け者なのにこのだるさはまずいです (^^;)

>水飛沫、鳥、その鳥の影などトリミングをもっと的確に・・・。
>鳥と飛沫そして鳥の影が主題。よけいな上と左右の空間、そして
>光の弱さが有り過ぎます。

なぁるほど。そうご指摘をいただくと、なにが悪いのかがおのずと解ってきます。主題をないがしろにしてはいけないと理解しました。

またひとつ勉強になりました。ありがとうございます。

師匠、どもです。
Iパターンときましたか。確かによく見ると何列も直線上にキンクロが並んでいます。そんな視線でみると写真も面白いですね。

ボクもデコイ猟は夢なんですが、本県で火薬の撃てる鴨付き場を探す労力にもっと投資しないといけません。ほんとやるところが無くって参りますです。

面白そうですね!パターンの話。
居鳥撃ちで、効率良く確保する話でしょうか???
おっ!!私はそんな事ばかり考えてしまう。

  はずかしい。

花の五六八さん、
カル師匠はデコイ猟を始めとするワナ猟はやるは熊誘引用の蜂蜜は作ってしまうは、なんでもござれという私の狩猟の師匠です。

>おっ!!私はそんな事ばかり考えてしまう。

シーズンも終わってしまいましたので、せめてお話だけでもポジティブにいきましょう。
おっと、花の五六八さんはすぐに駆除が始まるのですよね。終わったなんて言ってられませんね。

こんばんは

デコイ猟(鳥屋猟)楽しいですよ、場所があればまたやりたいですねぇ(遠征も可)
でもねぇ最近河川はどこでも銃禁になっていますからねぇ、可能だとしてもスチール弾でしょ
そうそう切り替えられるものじゃないですよ、ゴリ押しのお役所じゃあるまいしー(笑)
パターンで思い出しましたが、私が良くやったのは「J」形ですね(一番確立が高かった)
「I」パターンは乗りは良いけど立ちも早い、それと「C」パターンも良かったですねぇでもC形はデコイまでやってしまう(笑)
と、やってる最中なら議論白熱でしょうが今思うとパターンはどっちでも良かったような・・
それより肝心なのは鳴き(良く鳴くアヒル)が良いことと、コーリング(鴨笛)でしょうねぇ(今吹けるかなぁ・・)
失敗談も沢山あります、ボートから落ちたとかね。そうそう回収用にラジコンボートをやってみたんですが全然役立たずでした(冬の河川は以外と波打ってますです)で悪乗りでラジコンヘリもやりましたが(私じゃなくてダチですが)他の鳥屋からクレームがぁ
当たり前ですよねこんなの飛ばしたら鴨なんか寄ってきやしない(笑)

あとねぇ一番腹立たしいっちゅうか賢いっちゅうか・・・
特に解禁日とか日曜日ですが、ジモッティはなが~~~~~い竹竿もって橋の上でタバコふかしてるんですぅ
いきなりクイズ:この橋の上でジモッティ(地元の人)は何をやっていると思いますか?

明日は楽しい楽しい銃検査でぇ~す、嬉しいなぁってな訳ないよなぁ

カルさんこんばんわ。
今日は今帰宅した所です。
答えは「貴方が撃ち落とした鴨」です。
それを拾うのです。

回収が不可能な鴨は撃つな!
分かっちゃ居るけど・・・。ごめんなさい。

カルさん、こんばんは。
答え

① 竹竿の先に火の付いたタバコをくくりつけて、葦薮に隠れる鴨をあぶり出す。
② 橋の上は風通しがよいので竹竿でお家の洗濯物を干す。
③ 小遣いが減ってきたので竹竿で橋を通せんぼして通行料を巻き上げる。

こんなところではないでしょうか (^O^)/

花の五六八さん 正解です。

>答えは「貴方が撃ち落とした鴨」です。
>それを拾うのです。
そうなんですよ~朝早くから・・・
それにね、ハンターは私一人じゃないですから結構捕れる(流れて来る)らしいですよ

Fibyさん 残念、全部外れです。

と、土曜日は鉄砲検査でした、例年より簡単だったような・・・でも家庭訪問ありだそうで(3月中)
昨日は、目覚まし代わりの電話ベルが、毎度お世話になっている釣堀から(愛川町田代)
こんなに朝早くからなんだろう?と思い、渋々電話に・・・
「(ニホンミツバチの)巣箱が風に飛ばされて蜂がブンブン騒いでいる・・・」
アチャーじゃぁすぐ行きますぅ・・で向かったが強風でいつもの渋滞道路は更に大渋滞、到着はお昼頃
んでもって、見て唖然・・全部倒れているって言うか飛ばされているぅ~
巣箱は重箱式なもんで(積み重ね式)バラバラ、組み立てるのは簡単なんだが、どの蜂の巣枠(重箱の一箱)なのかが全然わかりません、取り合えず一箱、一箱重ねてみて蜂が喧嘩しないかどうか確認しながらの作業でした。と言うとこれでお仕舞いなのですが大変だったよん。
と、言うわけでニホンミツバチ楽しい?ですよ~飼育やってみたいって方居ませんかねぇ巣箱上げますよ~
本音言うと取り合えず定年になるまで止めたい、いろいろあり過ぎだぁ(笑)

残念、どれか当たると思ったのですが・・・(^^;)

やった!

この辺では「トチ蜜」ですね。
熊の被害もかなり有ります。

花の五六蜂さん
う~ん、このハチでしたかぁ
トチ蜜を知っているなんて養蜂やっていらしゃるんですか?

トチ蜜はちょっとクセがありますが、紅茶に合うんですよね(私は山桜が好きですが)
それに、お餅にもいいですよ。

日曜に初節句のお祝いに菱餅を頂きまして、それもデカイ・・・こんなのあるのかと思いました。
搗き立てだったのでトチ蜜で頂ました(うまいです)

いよいよ春ですねぇ、梅が咲き始めました。

トチ蜜は熊も大好物のようですね。私も好物です・・・って食べたこと無いんですけど (^。^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/40170966

この記事へのトラックバック一覧です: トンビにせんべいさらわれる:

« すごいぞハイビジョンテレビ | トップページ | 鳥目線のユリカモメ »