« 道志の森でキミちゃんと対面 | トップページ | 春、丹沢湖 »

2008年4月15日 (火)

今時の携帯電話カメラはすごい

その辺をふらふらと歩いていて、後で記憶を呼び覚ましたいシーンなどがあったとする。デジカメでぱっぱと撮影しておけばいいのだけれど、都合良くカメラが無い場合は、まず普通は持っている携帯電話のカメラ機能でとりあえず撮っておくなどというケースはあると思う。でも悲しいかな所詮は携帯電話カメラ、やっぱりそれなりにしか写らないんですよね。

以前より多くの方々から携帯電話のデジカメ機能強化は求められていたとは思うのだけれど、そこは製造者側の都合で却下されていたようだ。ドル箱のコンパクトデジカメと携帯電話が市場でラップするようではいけませぬとの理由ですかね。
しかしここへきてドコモがやってくれました。いままでのおまけカメラからかなり進歩したデジカメ機能を搭載した携帯電話をソニーエリクソンを通じて市場投入したんです。

Cybershot1 リサーチしてこいつはいいやと思ってはみても、現用の携帯電話は2年半を経て今だ快調。壊れたら考えようかなと思って居た矢先、不注意で落下させて電池フタのツメを折ってしまいセロハンテープで固定という哀れな姿に・・・
それでもまだ動くので・・・と気持ちは激しく抵抗するものの、たまたま立ち寄ったヨドバシカメラに「本日入荷」などと張り紙が張ってあると、5分後には契約カウンターに立つ私がおりました。奥様、ごめん m(_ _)m

Tubomi いやぁいいですねこれ。ざっと使ってみて不満はそれなりにありますが、多分携帯電話カメラ最強のデジカメ機能を積んでいるとみた。性能的には2万円程のコンパクトデジカメにも劣るけど、ちゃんとした写真がとりあえず撮れるというのはありがたいところ。右の画像はその携帯カメラを使ってスーパーマクロというモードで撮ってみたもの。リサイズのみでレタッチはしていない。けっこうなボケが効いていますな。あっ私ではなくて画像の話ね (^^;)

今後2年間は月賦を払い続けないといけないので、もう落とさないようにしなきゃいけませんね。

« 道志の森でキミちゃんと対面 | トップページ | 春、丹沢湖 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ついに新しい携帯をゲットですね、まるでコンパクトデジカメのようですね。
私の携帯もカメラ重視で買い換えたのですが、いまいち使いこなしていません。
買い換えたまま使い方の勉強をしていない・・・(┯_┯)
docomoからAU、いまだに戸惑っています(*^▽^*) ニョホホ・・・・

またカメラライフが広がり、ますます鴨の気持ちも高揚してゆきますね、楽しみにしています・・・・d(^-^)

始めまして、テントコットを調べていたらここにたどり着きました(笑
サイバーショット携帯ですね^^私もAU版が出たら買おうかなと思っています。

ああっと・・テントコットを買おうかと思い調べているのですが
(カベラスのを予定)HPみてもたたんだ時の大きさのイメージがイマイチつかめ無いのですが。
実際にどのくらいの大きさなんでしょうか?
物は違うのでしょうがもしお手数で無ければ教えてください。

ミーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

この携帯電話なかなか楽しいおもちゃです。雰囲気はかなりデジカメに近いですね。ニーってなふうに笑うと自動的にシャッターが落ちる機能なども付いていて面白いです。こいつはいいやとバシャバシャ撮影していると、あっという間に電池が無くなってしまいますです。

ミーさんの携帯電話も5メガピクセルのカメラ付きですよね。デジカメほど多画素数化が進まないのも製造側の戦略かなと思います。今やコンデジでも800万1000万画素なんてざらですものね。

ミーさんみたいな素敵な写真は撮れないけれど、今後はタイムリーな写真で攻めてみようかなという感じです。

dragunovさん、こんばんは初めまして。コメントありがとうございます。

インターネットの大海の中から辺境の当ブログを見つけて下さり嬉しい限りです。ご覧のような雑多なブログですがどうぞ今後とも宜しくお願いいたしますね。

>サイバーショット携帯ですね^^私もAU版が出たら買おうかなと思っています。

これのau版であるW61Sが今月発売と聞きました。ドコモ版と比較してLEDフラッシュやJOGダイヤルなどが無い代わりに、ワンセグやBluetoothが付いていてかなり進歩しているみたいです。こんな全部入りの端末が2万円程度で入手できるのだからauはいいですね。

> ああっと・・テントコットを買おうかと思い調べているのですが
> (カベラスのを予定)HPみてもたたんだ時の大きさのイメージがイマイチ
> つかめ無いのですが。実際にどのくらいの大きさなんでしょうか?

おぉ、テントコットをご検討中だそうで、お仲間が増えそうでこれも嬉しいお話です。ともかくマイナーなテントなので自分以外にフィールドで見たためしがありません。
カペラスのオリジナルモデルはなかなかリーズナブルでいいですね。カペラスのHPに載っている寸法は開いた時の製品寸法ですね。収納寸法はキャリングバッグに入ったシングルタイプで縦横1mに厚みが20cmくらいあると考えて下さい。
このサイズは5ナンバーのステーションワゴンでしたら平置きする限界です。荷室のタイヤハウス間が狭い車でしたら積むのに苦労するでしょう。我が家のWISHではちょうど限界でした。背の高いミニバンにお乗りでしたらサードシートを畳んで縦置き収納すれば問題はありません。セダン系のトランクには難しいかもしれません。重さは大人が肩に担いで移動できる程度の重さですが、スチールパイプのフレームのせいかそれなりに重いです。HPで見るとポンドキロ換算で18Kgぐらいのようですね。

ダブルタイプが余裕があって良さげに見えますが、これは避けた方がいいかもです。シングルでこんなに大きいのにダブルになったらその収納サイズは想像も付きません。
カペラスのテントコットの商品ページにレビューコメントが沢山載っています。ざっと読むとやはり小さな車には向かないと言っていますね。あと大雨の時はレインフライがあってもやはり向かないとも言っています。雨が予測できるような天候の時にはタープを張ってその下で使うといいです。
こんなところで参考になったでしょうか。

ボクはソロキャンの時にはコールマンの前室付きソロテントとテントコットを気分で選んで持っていくようにしています。どちらも味があっていいテントです。

その他なにか疑問の節はなんなりと聞いて下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/40889663

この記事へのトラックバック一覧です: 今時の携帯電話カメラはすごい:

« 道志の森でキミちゃんと対面 | トップページ | 春、丹沢湖 »