« ドバトとキジバト | トップページ | 新南極観測船もまた「しらせ」 »

2008年4月23日 (水)

WISH号リフレクタ改造 その2

さて、WISH号のリアバンパーに付いているリフレクタ(反射板)。こいつをLEDで光らせてしまおうという第弐段階。減光回路は出来上がったので今度はリフレクタの加工となる。

Bumper 地面に腹這いとなって取付ビスを緩めて左右のリフレクタをバンパーから取り外す。外した状態はなんだか間が抜けた感じですな。リフレクタが無いと整備不良車になってしまうので、はやいところ加工して元に戻さないといけない。
Reflector1 取り外したリフレクタは右のような感じ。LEDを内蔵させるためには殻割りとも言うべきバラシ作業がある。接着剤で基部にのり付けされたリフレクタ本体を無理矢理ひっぺがしてやるのだ。でもひび割れてしまっReflector2 ては元も子もない。Pカッターで十分にキズを入れてマイナスドライバーでこじってやった。結果、ちょっといびつな割り方だったけどなんとか分離させることができた。

次はLEDの埋め込み作業。通販で買ったLEDの到着待ちでございます。

« ドバトとキジバト | トップページ | 新南極観測船もまた「しらせ」 »

くるまいじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/40973055

この記事へのトラックバック一覧です: WISH号リフレクタ改造 その2:

« ドバトとキジバト | トップページ | 新南極観測船もまた「しらせ」 »