« 富士見とキジ見 | トップページ | 飯盒時代の終焉 »

2008年5月28日 (水)

鴨と鹿のコラボレーション

Neta え~、水分とばしをしている燻製のためのネタでございます。

カルガモの胸肉二枚+αです。そこのあなた、左の画像を見てなにやら変なものを思い浮かべてはだめですよ。あれは鹿タン(舌)です。・・・(^^;)

木曜日の昼休みに職場にて寄り合い会食があるのでそのためのネタです。十分に水分を飛ばしたら、明日の晩にスモークの予定。タンは初めての煙燻ですが上手くできたらおなぐさみっでございます。

« 富士見とキジ見 | トップページ | 飯盒時代の終焉 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/41347244

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨と鹿のコラボレーション:

« 富士見とキジ見 | トップページ | 飯盒時代の終焉 »