« 裸の大将 第二話 | トップページ | 鴨と鹿のコラボレーション »

2008年5月25日 (日)

富士見とキジ見

気分屋さんの私は、「裸の大将」ではないがお出掛けの虫が騒ぐと勢いで出掛けてしまう悪い癖がある。関東東海地方はこの週末雨模様。でもやっぱり行っちゃうんだなぁ。

Tanuki_kiriKumonosu 時折強く降る雨模様のなか、車を飛ばして静岡県富士宮市の田貫湖を訪れた。霧雨の湖はどんよりとしていてそれはそれでいい雰囲気なのだが、ちょっと富士山を眺めるというような雰囲気でないのが玉にきず。クモの巣ハンモックも玉のような水滴を載せて重そうだ。

そのまま朝霧高原へ回ってみる。富士山ビューがきれいなこのあたりも、雲が厚くてまるであきまへん。雨も上がったのでカメラを持って草むらをぶらぶらしてみた。遠くでキジの鳴き声が聞こえるがここはキジの付き場なのだろう。雰囲気もそれらしい。
Kiji1注意を払いながらしばらく歩くとやっぱりいた。赤い顔のオスがこっちの様子をうかがっている。猟期が終わってもハンターの勘はまだ鈍ってはいなかった。距離にして30mから40mくらい、エアライフルだったらKiji2外せない距離だ。このキジはけっこう大きくて小振りの鴨の二羽分はありそうな感じがする。もっと激写してやるぜぃと高倍率レンズに取り 替えているすきにケンケンと鳴いていなくなってしまいました。
しかしごく希に写真には収まってくれるのだけれど、なかなか獲物にはなってくれないキジくん。来シーズンは頼みますよぉ。

Fuji1 そうこうしているとほんの一瞬晴れ間が出て朝霧高原のかなたから富士山の頭が顔を出した。でも数分と続かない。こちらは富士の西側にあたる。二週間前に撮った東側は真っ白い雪帽子を被っていたがここのところの雨や気温の上昇でだいぶ雪も無くなったようだ。今回唯一見られた富士山でした。

天気が安定したらもう一回トライしたいですね。

« 裸の大将 第二話 | トップページ | 鴨と鹿のコラボレーション »

富士山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/41320662

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見とキジ見:

« 裸の大将 第二話 | トップページ | 鴨と鹿のコラボレーション »