« 中国雑伎団 | トップページ | THE NEW WAY THINGS WORK »

2008年6月15日 (日)

レンゲツツジのバラキ湖

ん年ぶりの夫婦旅行。北軽井沢に宿に投宿したのだが、このご近所には有名なお方がいらっしゃるのであります。私のカメラ師匠のひとり、当ブログでもよくコメントを頂戴するミーさんであります。

ご近所に来たからには素通りはできない。宿のロビーでお会いしてご挨拶。お会いするのは初めてだけど普段ネット上であれこれ情報交換をさせていただいているので直ぐに意気投合、楽しいお話に花が咲きました。なんとお近くのお気に入りスポットを案内して下さるとのこと。ずうずうしくも喜んで甘えてしまいました。ありがとうございます m(_ _)m

Kyabetsu 嬬恋は高原野菜の産地でもあります。少しは走ると現れる一面のキャベツ畑はまるで北海道のような風景ですな。手前のちいさいのはキャベツの苗。これがコロコロとしたキャベツになるのに2ヶ月ちょっとほど掛かるのだそうだ。

キャベツ畑をぬって農道を進むと目の前にきれいな湖が開けてきた。バラキ湖だ。緑にレンゲツツジの赤色がなかなか似合っている。案内をいただき湖畔を歩いてみると小鳥のさえずりがほんとに気持ちがよい。ウグイスにカッコウ、ヨシキリとさわやかな高原の空気にこだまする。こんなところだったら椅子に座っているだけでも一日飽きないかもしれないと思うほどすばらしいところだったです。

BarakikoTutsujiYoshikiri
声はすれどもなかなか見つけられない小鳥たちだが、オオヨシキリを見つけました。上手く撮れなかったけどトリミング。ウグイス科の鳥なので見た目はウグイスそっくりですが独特の美声を持っています。

Miesan ミー師匠は愛用のデジタル一眼カメラにズームレンズを付けて得意のマクロ撮影をこなしておられました。このカメラを持つ後ろ姿はほんとにサマになっている。さすがですね。散策する遊歩道にさわやかな高原の空気がすり抜ける。すっげぇ気持ちいいんですこれが。

梅雨の合間の僅かな時間だったですがあちこちとご案内をいただき、春も盛りの高原を堪能することができました。ぜひもう一度ゆっくり訪れてみたいねとカミサンと同意しました。

嬬恋、いいところです。

« 中国雑伎団 | トップページ | THE NEW WAY THINGS WORK »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うわぁ~いいなぁ
今度私も案内してね、ネッネッネミー師匠

>嬬恋、いいところです。
はい、私もなんどか足を運びましたがとっても素晴らしいところですね。一日二日では廻りきれないほどの広大なところですね。

それにねぇ夜がまたいいのよ、広大なキャベツ畑に降り注ぐ満天の星空・・・素晴らしいです。
クー行きたいなぁキャンプ(宿代をケチるわけじゃないんです、ホントにすばらしい、時間が絶つのがあっという間ですの)

あっ!そうそう、今年こそはいらっしゃいとヤマドリさんが言って居ましたよ。雉さんも・・・

どもカル師匠。

師匠が定宿にされているというキャベツ畑を見下ろす石碑の広場もちゃんと案内してもらってきましたぜ(^^;)
あそこは車中泊するにも見晴らしが良くって最高ですね。

バラキ湖の小鳥のさえずりがほんとに良い感じでした。私の定番である丹沢湖でもああはいきませんね。

> あっ!そうそう、今年こそはいらっしゃいとヤマドリさんが言って居ましたよ。雉さんも・・・

ぜひお近づきになりたいものです。


おはようございます、昨夜帰宅しました。
地震の惨状は・・・・・コップ一つ壊れていましたが、他は何点かの落花物を拾う程度でしたので、本当にホッとしました。

その節は色々とありがとうございました。お陰で嬬恋滞在中の楽しい思い出が一つ増えて、インパクトのある嬬恋行きになりました。
さすがfibyさん、どの画像もステキに撮ってらっしゃってとてもきれいな場所に写っていますね。
特に最後の乙女の後ろ姿・・・・(* ̄▽ ̄*)ウットリ・・・
実物よりステキに撮れているようで・・・(-^〇^-)アハハハ ついに鴨の気持ちに写真が載ってしまいました。光栄です。

σ(⌒▽⌒;)そのぉ・・・・師匠というのは勘弁してください。
どこかの師匠とイメージがかぶってしまいそうで・・・(|||_|||)
それに、私の場合理屈も分からずにただ、シャッターを押しているだけの、怠け者カメラ愛好者なだけですから、私こそfibyさんを師匠と呼ばせていただきたいものです。<(_ _)>

嬬恋はこれからの暑くなる夏には別天地、高原の爽やかな風に髪をなびかせながら、小鳥の囀りを子守唄にお昼寝なんていかがでしょう、奥様と又嬬恋散策にお出かけになって下さいね。

こちらこそありがとうございました<(_ _)>

ままミーさん、こんばんは。おゃハンドル名がグレードアップですね (^。^)v

地震の被害がコップひとつでで済んで幸いでしたね。同じ宮城県でも北部ではかなり酷い被害のところもあるようで、直下型地震とはほんとに恐ろしいです。

> 特に最後の乙女の後ろ姿・・・・(* ̄▽ ̄*)ウットリ・・・

素敵な後ろ姿というのは同感ですが、カメラのネックストラップを腕にひょいと巻き付けて、片手で重いデジイチをホールドするところなんざ実にサマになっているではないですか。この辺はキャリアを感じさせますねぇ。
ワシのニコンはレンズがちと重いので、撮り歩きでは恥ずかしながら首掛けストラップです。

> どこかの師匠とイメージがかぶってしまいそうで・・・(|||_|||)

おぉっとそおっすね。某師匠と被ってしまうとこりゃままミーさんには失礼ですよね。すいません。

小鳥のさえずりを聞きながらのお昼寝は私の最高の贅沢なんです。高原らしくカッコウの鳴き声が遠くから聞こえてきたりなんかしたら世界の幸せを独り占めしているような錯覚に陥ってしまいます。

また行ってみたいですね。

こんにちわ fibyさん

(*^▽^*) ニョホホ、こちらには「ミー」でしたね。
どちらでも良いのですが、「まま」はブログを始めてからの気ままのままで、ネコの名前と間違われそうなので、名字のつもりで乗せてみました。

小鳥のさえずり声は、緑の森にこだまして、心の奥深くまで響き渡るようで、素晴らしいBGMですね。私も大好きです。
今回の地震でも森の小動物たちはうまく逃げる事ができたのか・・・・気にかかります。

一日も早い復旧を祈らずにはいられませんね。

どもミーさん。
なんと「まま」とは気ままの「まま」だったのですね。いやぁ
知らなかったぁ。知られざる歴史がヒモ解かれた感じです。

ボクは「ミー」というとムーミンキャラクターの人型妖精“ミー”のイメージが強いです。可愛いキャラなんですよね。

地震の被災地の様子は報道で目にする限り山間部でかなりひどいようですね。でも森の動物たちは本能的に危険を察知するようですので意外に大丈夫だったのではないかなと思ったりしています。
まだ行方不明の方もいらっしゃるようで捜索の方々のご苦労も深く察しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/41546725

この記事へのトラックバック一覧です: レンゲツツジのバラキ湖:

« 中国雑伎団 | トップページ | THE NEW WAY THINGS WORK »