« ゆうやけこやけでひがくれて | トップページ | ガソリン値上げ前夜 »

2008年7月30日 (水)

自虐的真夏日中鳥撮影

たまに鳥の画像を撮りに行く近所の「鴨池」。真夏の真っ昼間なんぞ日曜日であってもだれも寄りつかないので静かなもの。屋根のないところではベンチがあっても我慢大会みたいな忍耐が要求されるので当然だ。

Photostyle そこで撮影にはビーチパラソルが登場する。ともかく日差しをさえぎるものがないと日射病だか熱中症だかになってしまう。傘の下でじっと耐えて、鳥の動きがあったらすぐさまカメラに飛びつく。だいたいは間に合わないんですけどもね (^^;)
三脚からカメラを外し、飛んでいる鳥を流し撮りしながらファインダーに納め続け、次の鳥獲りシーズンに向けてのイメージトレーニングも兼ねておりまする。

しっかし真夏の陽気の時にこの手の行為は自虐的であるとの認識を得てさっさと退散。次回は涼しくなってからだな・・・

« ゆうやけこやけでひがくれて | トップページ | ガソリン値上げ前夜 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/42015462

この記事へのトラックバック一覧です: 自虐的真夏日中鳥撮影:

« ゆうやけこやけでひがくれて | トップページ | ガソリン値上げ前夜 »