« 蜜蜂さん、ありがたう | トップページ | ゆうやけこやけでひがくれて »

2008年7月28日 (月)

鹿毛皮に骨を人工移植

苦労してなめし加工した鹿の毛皮。苦労の甲斐あってそう悪くない仕上がりに出来上がっている。冬場は重宝して玄関マットになったり、居間の敷物になったり、子供がTVゲームする時の尻敷きになったりと活躍してくれていた。
しかぁしっ、夏場は無用の長物となる。床にあるだけで暑苦しい。でもそこは自然物、丸めたり折ったりして押し入れの隅にしまってしまうわけにもいかない。そこではたと考えた。べろんとなってしまう毛皮に骨を入れて補強、壁に掛ければ場所も取らずにいいかも・・・ってなわけでさっそくトライしてみた。

Shikahone 近所のホームセンターでラワン材の棒を買ってきて適当に骨組みする。買ってきた棒を全部使い切るために骨組みが少し変だが目的が達成できれば良し。灼熱の日曜日に作業したのだが、毛皮をいじっているというイメージだけで汗がふつふつと湧いてくる。いやぁ先週末はほんとに暑かったです。Fiby流でなめしてあるんですが脱脂が完全でないので背面はちょっと色がスルメイカ色ですな。ちぎって焼いたら美味しそうな感じ。まぁ裏は見せるものじゃないから良し。

Livingwallさっそく壁に掛けてみる。骨の効果は絶大でしっかり延びきった格好で壁に掛けられた。成功 (^。^)v

キジに鹿となんだかリビングの壁際がにぎやかになってきたぞ。お客さんが見たらさぞや驚くことでありましょう。当分来客の予定もないからいいや。

« 蜜蜂さん、ありがたう | トップページ | ゆうやけこやけでひがくれて »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

確かに部屋の中、触る所に鹿革...暑苦しいいかも。
リビング、賑やかに成りましたねえ。よくドラマで見る、鹿の頭。クマの剥製、鳥の剥製。狐。狸。とそこかしこに飾って有る居間の映像が目に浮かびます。怖いよ〜...
もうすぐお盆です。剥製の方々には焼香ってするんですか?猟師の方は。

ノブさん、こんばんは。

我が家の居間は最初は鴨の剥製だったのですが、頂き物のキジの剥製と頂戴して加工した鹿の毛皮が加わって一気に雰囲気が変わってきました。

確かにこのようなものは好き嫌いがあるでしょうね。不快感を感じるような来客のために全て取り外しができるようにしてありますです。

害獣駆除も許可を得た狩猟も、動物虐待であると感じ取られてしまう向きがあるのは事実と思います。狩猟を生活様式の中に組み入れてきた歴史が薄い日本国ならではのことです。そんな方々も家畜の食肉は皆さん食されるのですが・・・

遊びで動物を殺すのはけしからんと言われたこともあります。論破できる説明はできてもお互いに嫌な思いを残すので、そんなときはあまり議論しないようにしています。欧米では狩猟のことをハンティングと称すとともにゲームとも言います。彼らにとってはなにも珍しいこともないゲームなんです。日本では仏教や儒教に根付いた東洋的な生命観があるので殺生についての強い戒めがありますね。これもすばらしい日本の文化です。

私は木の実も野生果実も魚も狩猟鳥も狩猟獣も、自然の一部という認識を持っています。その自然からお恵みを頂戴するわけです。そして頂戴した恵みは感謝していただく。私は自分が自然に対して行った殺生について悔いたりお盆に焼香したりというようなことはしません。ただ頂戴したお恵みをありがたく食すとき、自然に対する感謝の念は忘れません。蜂蜜も野鳥肉も鹿肉にあっても同じです。これは私のポリシーです。

壁に掛かっているカモちゃんも私があやめたものです。剥製屋さんに持っていって、お店の方にべろりんと羽根付き皮をきれいに剥いてくれた後のお肉も返してもらい、自宅へ持って帰ってしっかり焼きガモにしていただきました。戴いた命はちゃんと食すのも供養になるものだと思っています。

単純に野鳥のおいしさに目覚めてしまって、目を血走らせてうろついているだけだとの意見もありますが・・・< カミサン
(^^;)

Fibyさん、ごめんなさい。
すっかり見透かされてますね。正直言って生活以外の狩猟に付いては少なからず抵抗が有ります。これは偏見や無知によるものかも知れません。
しかし、何でもそうですが頂く事に対して、感謝は忘れられませんよねえ。
その気持ちを伺う事が出来て、安心です^^/

しかし僕は肉を食す際に感謝の言葉や気持ちを表しているかなあ^^;

ノブさん、こんばんは。

いえいえ他人様を見透かすなんて真似はボクにはできません。ちょっとノブさんのコメントの雰囲気からちゃんと説明しておいた方がいいかなと思いつつだらだら書いていたら長文になってしまいました。こちらこそ申し訳ないです。

実は過去このブログにも以下の記事にて告知をしたことがありました。
http://kamon.way-nifty.com/fiby/2006/11/post_42e2.html

やはり他人様に余計な不快感を与えることがないとも言えません。私としても十分配慮するとともに、ご来訪いただく方々には上記のようなご理解をお願いしている次第であります。

たまに色々なモノや機会などを頂戴することがあります。自然のみならず多くの方々に頭を下げっぱなしの感もありますが、安い頭はいくらでも下げられますので、感謝の気持ちはしっかりと表すようにしておりますです。

はじめまして。
シカの皮なめしを調べていたところ、こちらにたどり着きました。ハンターさんからバンビをいただいき、なめそうとかんがえているのですが、薬品等いろいろと必要ですよね?
家庭で可能な簡単ななめし方法がありましたら教えていただけないでしょうか?
完成した写真を見たところ、とてもきれいだなぁと思いましてshine
よろしくお願いします!

しかさん、こんばんは初めまして。
そうですか、こんなブログもサーチで引っ掛かりましたか。マイナーブログも捨てたものではないですね。

鹿の毛皮を入手したそうですが、これはいいものを手に入れられましたね。新しく記事を立ち上げておきましたのでそちらを参考にして下さい。

鹿クラスの毛皮ともなると、家庭で簡単にというわけにはちょっといかないかもしれません。それなりに手間と時間は掛かります。でも苦労して出来上がるとやはりうれしいですよ。どうかがんばって下さいね。

わからないことがありましたら私の分かる範囲でご説明致しますのでなんなりと聞いて下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/41996676

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿毛皮に骨を人工移植:

« 蜜蜂さん、ありがたう | トップページ | ゆうやけこやけでひがくれて »