« 暑い時は高いところへ その3 | トップページ | おりむぴっく »

2008年8月 7日 (木)

水鳥進入禁止

Tanuki_morning 先日行ってきた静岡県富士宮市の田貫湖。目的の涼しさと富士山の眺望は得られなかったけどさわやかな高原の雰囲気は堪能できてめでたしめでたし。
日が少し上がってくると深かった霧も晴れてきて、湖畔はいい雰囲気になりますね。

Saku2Saku1そんな時、よおく湖畔を見るとなんだか見慣れな い柵とバリケードみたいなナイロンロープが張ってあるのに気が付いた。どうも水鳥がキャンプサイトへ上がってくるのを防止する役目があるようだ。昨年の今頃、ガンの仲間の大型水鳥、カナダガンがごってり来ていて陸に上がってはイヌのような○んちをして、キャンパーのひんしゅくを買っていたのだけれど、いよいよキャンプ場としても対策を取らざるを得ない状況になったようだ。これではガンは上陸できないだろう。でも鴨やアヒルクラスは平気なようで、平気で芝生へ上がってお散歩をしているようだ。

Kanban_esa さてこれも今回初めて目に付いたのだけれど、ここでも餌やりに注意の看板が出た。ポイントは「飛来してくる野鳥に餌をあげるな」とのこと。管理棟では鴨の餌は売っているので、全面禁止というわけでもなさそうだ。でも普通の人々に土着の地鳥と渡りをする野鳥とを区別できるのだろうか。ちいとハードルが高そうな気がしますな。

野鳥への餌やりはメタボ鴨の原因になったりいろいろと物議をかもしているけど、お年寄りや子供達の楽しみでもあるし、渡りをしてきてガリガリになった鴨たちへの貴重な栄養源だろうし、どうも解釈が微妙なところ。まぁ何事もほどほどってのがいいのでしょうか。

« 暑い時は高いところへ その3 | トップページ | おりむぴっく »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/42099462

この記事へのトラックバック一覧です: 水鳥進入禁止:

« 暑い時は高いところへ その3 | トップページ | おりむぴっく »