« 富士山行ってきます | トップページ | 富士登山2008 その2 »

2008年9月 1日 (月)

富士登山2008 その1

行って参りました富士山。いやぁ今回は5年前と違ってしんどかったです。いえいえ、年齢・体力的ということではなく猫の目のように変わる山の天候に翻弄されたような感もありました。でも富士山の単独行、色々な出会いもあって楽しかったです。以下2008年夏山シーズン最終日の富士登山の様子を紹介しましょう。

AshinokoSengokubara準備万端整った8月30日、単身富士五合目の駐車場へと車を走らせました。途中、箱根芦ノ湖を経由して山の様子を確かめる。子供の夏休み最後の行楽日だというのに閑散としたもの。ここのところの荒天をひきずって霧雨模様。 こりゃ富士山も同じかなと思わせる雰囲気でした。
ススキの大平原で有名な仙石原は少しずつ秋の装いにシフトしていました。このススキがきれいなベージュ色に色づき、そよ風にゆれる日が来るのももうすぐかな。 

Gogoumep 今回の富士登山の目的は、須走口登山道から登頂してのご来光。そのためにまずはふじあざみラインをひた走り、須走口五合目の駐車場を目指す。到着した標高2000mの駐車場はごらんの通りの霧雨模様でがっくり。どのみち高所順応のために6時間はここに居なければならないのでのんびり構えよう。
Azami 周囲を少し歩くとあざみの群生を見つけた。可憐に咲いております。

ちなみに今回の写真は全て使い古しの200万画素デジカメで撮っています。さすがに重いデジタル一眼は持ってこれませんでした。 今や携帯電話のデジカメ機能より劣る画素数のデジカメですが、今回は結構活躍してくれましたです。

Fuji_kiri そうこうしているうちに富士山の霧が取れてきました。こう見ると間近に見えるけど、あのてっぺんが遠いんですよね。私の車の隣に停めていた方が単独の富士登頂を終えて帰ってこられた。いろいろと様子を聞く。それによると雨に風に霧と三拍子揃っていて猛烈なコンディションであったとのこと。こりゃ先が思いやられる。情報交換もはずんだ後、2~3回しか使ってないからあげると言って携帯酸素缶を頂戴しました。今回は持ってきてなかったのでありがたくいただきました。

今回は夜中のスタートで夜通し歩く。しっかり体調を整えておかねばならない。車の中にシュラフを敷いて天候の回復を祈りつつ一寝入り。
さぁ富士山よ、待ってなさいよぉ~

« 富士山行ってきます | トップページ | 富士登山2008 その2 »

富士山」カテゴリの記事

コメント

Fibyさん、無事なご帰還おめでとうございます!

>どのみち高所順応のために6時間はここに居なければならないのでのんびり構えよう。

へ~そうなんですか~?
行けばすぐに登れるのかと思っていました。
しかし、明るい内から寝たり、夜中に出発したり・・・
やっぱり、富士登山って大変なんですね。

チェリーさん、どもです。
9月1日を休暇にしておいて良かったです。もう足パンパン (^^;)

> 行けばすぐに登れるのかと思っていました。

もちろん行けば直ぐ登れますよ。5年前はそのノリで適当な仮眠でスタートしたら八合目から上でもう頭ガンガンの高山病一歩手前状態になってしまった経験から、ちゃんと五合目で気圧の低い状態に体を慣らすことを今回やってみました。
結果、今回まったく高山病症状は出ませんでした。せっかく貰った酸素缶も出る幕無し。人間の体は正直です。

> やっぱり、富士登山って大変なんですね。

夏山とはいえ日本一の高所になるところですから、それなりの苦労はあると思います。でもそこでしか見られない景観の感動はその苦労を引いても余りあります。次回は荷物を軽量化してデジイチを背負っていきたい。そんな気にさせる魅力があります。

女性登山者も沢山おられましたよ。お一人ですとちょっと心配でしょうから娘さんとご一緒にトライされたらいかがでしょうか?
すばらしい思い出を提供してくれることと思いますよ。

富士山は見るもの、と言われますが^^;
行っちゃいましたねえ。前段の芦ノ湖でもう腹一杯になる野宿屋ですが、さ〜日本一の高い場所。甘くは無いのかなあ?

高度順応準備とは、さすが日本一。
やらないとそんなに辛いものなんですか?くわばらくわばら...

携帯カメラだったんですか!いやいや結構なものですよ。でも絵作りしようとすると限界が有りますね。次回も期待してま〜す。

野宿屋さん、どもです。
ハンドルが変わりましたね。今後ともよろしくです。

> 高度順応準備とは、さすが日本一。
> やらないとそんなに辛いものなんですか?くわばらくわばら...

こればっかりは個人差があるようです。でも総じて団体でやってきて山小屋に泊まらずいきなり登り始めるグループなどでは高山病症状が出やすいと聞きます。

高山病の前段でまず頭が痛くなります。これを通り過ぎると吐き気やめまいが襲います。そうなったらもう登山どころではありません。5年前に一緒に登った友人家族の息子さんがそれで9.5合目で無念のリタイヤになりました。

> 携帯カメラだったんですか!いやいや結構なものですよ。

ありがとうございます。これ携帯カメラより劣る200万画素のデジカメですが、けっこうちゃんと写るんです。あざみの写真なんかまともに撮れていて意外でした。

> でも絵作りしようとすると限界が有りますね。

自分の腕前の限界は常に感じております。越えられない壁がそこにあったりします (^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/42344973

この記事へのトラックバック一覧です: 富士登山2008 その1:

« 富士山行ってきます | トップページ | 富士登山2008 その2 »